FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

0

空白の1日

やまない雨も吹き続ける風もないと思う。
しかもそれが台風並みの暴風雨なら。
台風でも普通は一晩で過ぎるか、停滞しても1日でしょう。
それが勢いを緩めることなく朝になっても荒れ狂ったまま。
食事のために別棟に行く数歩のためにもトイレのためにも
完全武装で動かないといけないほど。
やわな(?)私などまっすぐに歩けないほど。
なにがどうあろうとどうしようもないのでじっとしているしかない覚悟。
ところがこの悪天候の中約半数のパーティーは下山を決めたらしい。
山小屋の主人ももし下りるなら向かい風にならない午前中に下りるほうがいいとの助言。
でもわれわれ3人は山好きではあっても山の素人。しかも始めての山。無理は禁物。
そうはいっても、どんどん下山準備をした人たちが本当に出発して約半数の13人になってしまうと
このまま明日も天候が変わらないか、もっとひどい状況になるかもしれない不安も。
それにしても普通の道でも歩けないほどの悪天候の中、
あの山道をどうやって下山できるのか私には想像できない。
無事に下りれたとしても無謀に変わりはなく、
事故につながれば後悔の仕様もない。
そういうニュースはなかったので無事下山されたものと思う。
ところで残ったパーティの中に山岳ガイド同伴の地元秋田の3人組。
ガイドの方がとても親切で山のノウハウをいちいち説明してくださって
あれもこれもとても有用で、退屈な時間が大いにまぎれた。
今回反省することが多い上にまだまだ山について無知で、技術も未熟を思い知らされた。
だけどこういう方とお知り合いになれて1日を過ごせるのもまた山に来たから。

ところで山は携帯は圏外で予定変更についての連絡をするにもできなくて困っていたら
山小屋のお電話を使わせてくださった。
昼食は牛丼を用意してくださって500円と格安。
夜にはみんなにと一升瓶のお酒を差し入れしてくださった。
禁酒・禁煙の食堂でお声を掛け合うようになった居残り組みで
和やかなひとときを過ごせた。
昨夜は愛想の悪い山小屋ワーストワンだったものが
今日は親切な山小屋にランクインしそうな好感度。
監獄に押し込められた囚人よろしく、運命共同体の13人は
何時しか連帯感も。
思いがけない経験をしながらそれもまた山の魅力の一つと思えるところが
山の不思議かも。
それにしても雨も風も勢いをとどめることなく深夜まで。
明日の朝こそは、、、。
食事をせずに4時半に出発されるというガイドチームに同伴させていただくことに。



関連記事

コメント

非公開コメント
My profile

Author : merienda

創造力と想像力で楽しむ暮らし。現在山に夢中。お花大好き。月1回の男の料理会。東京在住。姑(99歳)を呼び寄せて近くの施設に。母(95歳)も隣の市の老人ホームに入居。老老介護の現実に向き合う日々。

写真はカシニョール「おやつの時間」
メリエンダはスペイン語でおやつ(間食)のこと。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


にほんブログ村 にほんブログ村へ

ご訪問ありがとうございます。更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。

FC2カウンター

月別アーカイブ