FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

Top Page › つれづれ › 岸井成格「文明の岐路に立つ世界と日本」
2009-06-25 (Thu)  22:39

岸井成格「文明の岐路に立つ世界と日本」

リレー講座10回目岸井成格(しげただ)氏。
岸井氏の立場がどこにあるのかよく知らないけれど
コメンテーターとしてテレビではよく拝見するお顔。
端切れよく、テンポもよくてなるほどと聴いてしまった。
歴史の座標軸で言えば今年は150年がキーワードとのこと。
横浜神戸開港・黒船と安政の大獄・リンカーン暗殺・吉田松陰獄死・ダーウインの種の起源・・・など。
20世紀型の世界秩序の崩壊。
エネルギー革命が新たな産業革命となる予感。
そうかといえばさいごに 石川啄木の絵本「サルと人と森」を紹介されたり。
ちょっと興味深い数字は
永田町の70%。
内閣支持率と与党支持率を足して70%ないと総選挙で勝てないそう。
そうなると麻生政権では何時までたっても総選挙はできないことになりそう。
どうなるんでしょうね。



    
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comment







管理者にだけ表示を許可