fc2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感。姑99歳を1昨年、母96歳を昨年続けて見送りました。これからは老夫婦の二人暮らし。


2

伊豆旅行2 伊豆長岡に

11月21日
女性陣は朝風呂に入ってから7時からの食事に。
またもやバイキングの朝食で昨日に続いてのんびり食べ過ぎ、喋りすぎで
なんと8時半まで。
出発は9時19分のバスでまだ浴衣姿ままで急に焦ってしまいました。

慌ててなんとか準備をして下りのエレベーターに乗ったとき
私ともう一人はまだスリッパをはいていました。
お仲間がいて妙に安心しましたが恐ろしい加齢現象です(^_^;)

修善寺に10時10分に着いて
そのまま伊豆長岡に。
お土産のわさび漬けを買ったら他にすることもないので
予約の観光タクシーの時間を早めていただいて11時半にスタート。

2時間の予約で1台7750円を2台。
まず世界遺産の韮山反射炉に。
ここでタクシーの運転手さんに5人全員の写真を撮っていただきました。
11.21伊豆長岡

反射炉についてはガイドさんが熱心に説明してくださいます。

11.21伊豆長岡2
意図したかどうかはわかりませんが必要十分の条件を満たした炉は外見上のデザインがとっても魅力的です。

でもそれ以上に当時の技術と知恵で工夫された構造がすごくて男性陣は質問の応酬。

11.21伊豆長岡3
西洋の技術に日本独自の知恵をプラスして日本の鉄鋼業の魁となった反射炉です。

11.21伊豆長岡4
そしてこの反射炉建設に貢献したのが幕府の韮山代官を務めた江川英龍です。

興味津々、熱心に見学して既に時間は1時間をオーバー。


次の江川邸に行く前に
頼朝が伊豆配流になったとされる蛭ヶ小島の碑がある公園に。
11.21伊豆長岡5

蛭ヶ小島という説には色々あって歴史的な根拠はないみたいです。
しかも同じような碑がこの地から600m離れたところにもあるそうです??

11.21伊豆長岡6
江川邸玄関口。
家屋敷と表門は防備のため微妙にズレています。

何より驚くのはこのスケールの大きな住宅の原型が既に1200年代に築かれ
1261年には日蓮聖人を迎えたこともあるそうです。
その時上人が残した棟札のご利益が今に続き
一度も火災に遭わなかったという幸運に恵まれているそうです。

室町時代や江戸時代初期に増築・修復されたものの
今も初期のダイナミックな架構を見ることができます。
江川家が古くからの有力な氏族であったことが伺えます。
特に36代英龍は幕末に反射炉初め海防や近代的な兵制など大いに活躍しました。

日本列島周辺に欧米の列強の船舶がしきりに出没するようになった時代において、洋学とりわけ近代的な海防の手法に強い関心を抱き、反射炉を築き、日本に西洋砲術を普及させた。地方の一代官であったが海防の建言を行い、勘定吟味役まで異例の昇進を重ね、幕閣入りを果たし、勘定奉行任命を目前に病死した。
ウイキペディアより

観光タクシーの2時間は歴史に弱いわたしにとってもとても興味深い
充実した時間になりました。

最後に韮山駅まで送ってもらって三島駅に。
ここで関西組と分かれてそれぞれ帰路につきました。

毎月のように伊豆に出かけているものの山と海と温泉と自然に特化して
あまりゆっくり観光史跡を回ったことがなく、
歴史に触れるのはほぼ初めてで伊豆の奥行きの深さを知りました。

また来年早々にもバスケット部全員で会える機会をとの約束が楽しみです。






関連記事

コメント

Re: 伊豆の旅

> 大学クラブの同窓会で、修善寺と韮山に行かれた写真、懐かしく拝見しました。私はだいぶ昔ですが、2ないし3回出かけました。とくに韮山反射炉は、姿かたちも良く、日本の産業遺跡の最高のものだと思いました。
> ただし、近くにある真言宗の古刹「願成就院」をパスされたのは、残念でしたね。関東にある唯一?の運慶作の国宝、阿弥陀如来ほか5体の仏像が拝見できます。三島の鰻、葛城山と一緒にでも次回は是非。

生田様
コメントありがとうございます。
やっぱり!
「願成就院」も行きたいと思っています。
観光タクシーの2時間という制限時間ではなかなか行けなくて。
オススメのように次回にはぜひ行きたいと思います。
伊豆では個人的には今まで登山中心でしたが歴史的な観光スポットも色々ありますね。
生田さんは本当に色々よくご存知なので
また教えてください。

伊豆の旅

大学クラブの同窓会で、修善寺と韮山に行かれた写真、懐かしく拝見しました。私はだいぶ昔ですが、2ないし3回出かけました。とくに韮山反射炉は、姿かたちも良く、日本の産業遺跡の最高のものだと思いました。
ただし、近くにある真言宗の古刹「願成就院」をパスされたのは、残念でしたね。関東にある唯一?の運慶作の国宝、阿弥陀如来ほか5体の仏像が拝見できます。三島の鰻、葛城山と一緒にでも次回は是非。
非公開コメント
My profile

Author : merienda

創造力と想像力で楽しむ暮らし。現在山に夢中。お花大好き。月1回の男の料理会。東京在住。1昨年末99歳の姑を、昨年母(96歳)を自宅で見送りました。金婚式を終えた老夫婦の新しい暮らし始まりました。
写真はカシニョール「おやつの時間」
メリエンダはスペイン語でおやつ(間食)のこと。

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

フリーエリア


にほんブログ村 にほんブログ村へ

ご訪問ありがとうございます。更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。

FC2カウンター

月別アーカイブ