FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

0

バースデーケーキ

裕子さんがタコスの店に食べに行こうと誘ってくれたので
いそいそと。
ところがその店が入っていた町田のビルはパチンコとゲームの店に。
がっかりして彼女が知っている別の店でランチ。
それでも町田駅前はゴチャゴチャと新しい店と古い昔からの店が
混在していてすっごく楽しい。
富澤商店や乾物屋・豆専門店など雰囲気も品揃えもうれしい。
彼女はバターを仕入れ私は椎茸をかった。
ところでそこで珍しいとんびの乾物を買った。
イカの口のところばかりを干したもの。
それが一袋525円。
二人で分けても十分。
漁師だけしか食べないけれど美味しいと聴いていた。
一度いわきの方に湯がいたものを送っていただいたことがある。
だけど乾物は初めて。
食べてみたらくちばしみたいな骨が結構口に当たって食べつらく
ほいほいとは行かないものの、味はなかなかだった。
さらにプロの食材やさんというスーパーも教えてもらって粉や調味料も買うと
結構充実した気分。
帰りに彼女の家によると、随分家の中がすっきりしていた。
彼女も随分部屋をシンプルに片付けている。
20年も使わずにいた白のテーブルカバーを出したわよとかいっていた。
彼女はたしか私よりかなり若いけど生き急いでいろるそうなので
精神年齢は一緒。ガーデニングも衣食住の好みも近い。
時に喧嘩もできる貴重な友人。
それにしてもふと漏らした誕生日だからなんて言葉に反応して
ケーキを焼いていてくれたのには大感激。
彼女のケーキとパンは我が家のお取り寄せの逸品。
それが私のためのケーキ。
家族の誕生日のために焼いたことはあっても
焼いてもらったのは初めて。
それもなんとも美しい。
それにフレッシュなフルーツをトッピングしてみているだけで幸せ。
ほんとは明日なんだけどは結構いい出しにくかった。
でも言いました^_^;
cake
cake3 cake2

関連記事

コメント

非公開コメント
My profile

Author : merienda

創造力と想像力で楽しむ暮らし。現在山に夢中。お花大好き。月1回の男の料理会。東京在住。姑(99歳)を呼び寄せて近くの施設に。母(95歳)も隣の市の老人ホームに入居。老老介護の現実に向き合う日々。

写真はカシニョール「おやつの時間」
メリエンダはスペイン語でおやつ(間食)のこと。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


にほんブログ村 にほんブログ村へ

ご訪問ありがとうございます。更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。

FC2カウンター

月別アーカイブ