FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

0

羊蹄山(後方羊蹄山(しりべしやま))

8月29日
何度か観光で訪れていても眺めるだけの山だった羊蹄山。
百名山をやることになって登る山になって
そのことを目的に再度訪れることになる不思議。

宿を4時過ぎに出て4時半ごろに駐車場に。
8.29羊蹄山

車中泊の車が1台のみ。
何と若い女性の方だった。

私たちが来たことで起こしてしまったみたいで
登山届を書いて5時近くに相前後して出発。
もちろん彼女が先に行き、その後追いつくことなどありません。

天気とくらすは今日もAマークが並んでいるけど
なんだか今にも降りそうな怪しげでガスガス。
すでに明るくなってヘッデンはいらない。

8.29羊蹄山2
5時34分 1号目に。
表示がはっきりしているのが有難い。
大体30分見当とどなたかのヤマレコに書いてあった記憶。

8.29羊蹄山3
6時7分 2合目。

8.29羊蹄山4
7時2分 4合目
視界のないダケカンバと熊ざさが道をふさぐ山道をひたすら登ります。
ガスっていたのが晴れるどころか小雨もぱらついてきました。
相変わらず天くらはAマークのままなのに⁉
どこかの山でも嘘つき天くらって誰か言っていましたっけ。

藪漕ぎのような場所も多いので昨日の雨でぬれた丈の高い草やクマザサと
ダケカンバなどの樹木の水滴で降っていなくても結構濡れてしまうのでしたが
途中で結局上だけレインウエアを着用しました。

8.29羊蹄山6
9時57分8合目
アップダウンもつらいけど
わりと急登のもぼり一辺倒も単調で辛いものがあります。


8.29羊蹄山7
相変わらずガスに閉じ込められたまま

8.29羊蹄山8
10時24分 ようやく視界が開けて9合目に。
避難小屋跡地方向との分岐になります。
なんとここで朝お会いした彼女が避難小屋方向から軽やかに下りてきました。
しかもお釜を周回して来たとのこと。
にこやかで疲れもなさそうなのが羨ましすぎ!!

8.29羊蹄山9
避難小屋方向。
本当ならこの辺りの斜面では天然記念物に指定されているお花畑がみられるはずなんですけど、、、。
まあ少し時期的に遅いみたいではありましたけど、、。

8.29羊蹄山10
10時53分外輪山に到着しました。
様相がすっかり変わって火山のがれきとガレバ。
羊蹄山は2003年に活火山に指定されています。
最新の噴火は1000年前だそうですが、、、。

8.29羊蹄山11
このお釜を半周分したところに頂上があると何度も言っていますが
いつも夫は視界に入る範囲で一番高いところが頂上だと主張し始めます。

8.29羊蹄山13
まず最初に1844mの北山があり、そこに登ってみると
まだまだ急峻なアップダウンの岩場が続いておりました(◞‸◟)
草なんです。先ほどまで10m先はガスだったのが
お釜の方から青空がのぞいてきて先行方向も見えてきました。

8.29羊蹄山14
11時32分。ようやく山頂(1898m)です。
は~い!真っ青な青空がバックになりました(^^♪

8.29羊蹄山15
後続の若い女性二人組。
大きなリュックで岩場を越えています。

8.29羊蹄山16
周回すると後半はすべてこの荒々しい岩場になります。
昨日お豆腐屋さんで買った豆腐ドーナッツとコーヒーの
簡単なランチの後我々はもと来た道を戻ります。

8.29羊蹄山17
12時8分。父釜もすっかり底まで見えています。
何となくお釜を覗くとクマがいそうな気がするのですが
羊蹄山は古くから人が住んで開発された地域なのでクマはいないそうです。

8.29羊蹄山18
さっき見えなかったけど分岐付近までくると真狩側の岩場に比べて歩きやすいです。

8.29羊蹄山19
どこの山頂付近で見られるチシマギキョウ。
イワキキョウトと似ていて区別がつかないので北海道のものはチシマキキョウと呼びます。
(本当はチシマキキョウは毛羽があって違いがあるそうです)

8.29羊蹄山20
父釜の後小さめの子釜が見え、さらにそのすぐそばに母釜が広がっています。
何回も噴火したんですね。

8.29羊蹄山21
12時35分。分岐に戻ってきました。

8.29羊蹄山22
9合目へ下る途中ではリンドウがたくさん咲いていました。
もう秋の気配です。

8.29羊蹄山23
12時55分。9合目に戻ってきました。
途中であった団体の方がリュックをデポしています。
ここら辺までくるとまたガスってきました。
中腹には雲がかかって
山頂付近だけ晴れていたんですね。

山の天気はほんと不思議。

8.29羊蹄山25
14時20分。
昨日の雨と今朝の雨でぬかるんだ道がスリッピーで高齢者には超危険!!
あなたも転ばないでねといつも93歳の母に注意されていますが
そろりそろりと慎重に下っていたにもかかわらず
やっぱり私は転倒し岩におでこをぶつけて多分こぶができるくらい打って痛かったです。

そりゃしゃーないなあ転んだ先が岩でも。
転んだ先が岩か土か草だけかはどうしようもない。
同情を見せない夫の冷たいお言葉。
むかついて口もききたくなくなります。
鎖もなく足場の狭いへっつりで見といてくれと泣きそうに頼んだくせに(フン!)

羊蹄山2合目
1合目と2合目の間あたりで辛うじて具知安の町が見えました。

8.29羊蹄山26
17時10分。登山口に到着。下山届を出します。
9合目からのコースタイム3時間のところ4時間かかりました。
高齢者は登りと下りはほぼ同時間と考えていいそうです。
膝に負担がかからないように一歩ずつ歩くので仕方ありません。

8.29羊蹄山27
今日は登山者が少なくて駐車場もガラガラ。
帰り雨は降らないものの樹々と草の露でびしょびしょでしたし
靴も泥んこ。
水場で靴やストックを洗って着替えているうちに
山頂であったお二人や分岐近くであった団体の方も次々おりてこられました。

帰りに半月湖に寄りましたが木々がうっそうとしてあまりよく見えませんでした。
薄暗い夕暮れでビューポイントまで歩けず残念でした。

温泉は宿で入ることにして
昨日定休日だったレストランに。
ここも多摩あたりには無い雰囲気とメニューでした。
ファーマーズキッチン ポン ポンニセコ駅前です。
オーナーは農家の方で自家栽培の野菜をたくさん使っておられます。
ファーマーズキッチン ポン ポン
野菜サラダ。文句なくおいしい。

ファーマーズキッチン ポン ポン2
たことジャガイモのトマトソース煮
こりこりのタコとトマトソースの酸味がおいしい。

ファーマーズキッチン ポン ポン3
またもや頼んだフライドポテト。

ファーマーズキッチン ポン ポン4
ポテトとサラミのピザ
うーんこれは昨日の石窯焼のカリカリのピザの方が私は好きでした。

とりあえず96座と97座をゲットしたので
車のキーをわたしに渡して夫は生ビールやワインでご機嫌でした。

ファーマーズキッチン ポン ポン5
最後に頼んだスイーツのカタラーナ。
これがまたおしゃれな盛り付けでまたもや多摩にはあらへんで発言。
まあニセコは今や冬場は国際都市ですからねえ。

美味しくいただいて宿に戻り
お風呂をいただいて夫はぐっすり。
私はやっぱり濡れた衣類が気になってここでも夜の洗濯。
明日の朝はゆっくりなので安心です。
















関連記事

コメント

非公開コメント
My profile

Author : merienda

創造力と想像力で楽しむ暮らし。現在山に夢中。お花大好き。月1回の男の料理会。東京在住。姑(99歳)を呼び寄せて近くの施設に。母(95歳)も隣の市の老人ホームに入居。老老介護の現実に向き合う日々。

写真はカシニョール「おやつの時間」
メリエンダはスペイン語でおやつ(間食)のこと。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


にほんブログ村 にほんブログ村へ

ご訪問ありがとうございます。更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。

FC2カウンター

月別アーカイブ