FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

0

歯の健康もだけど歯茎だよ

2月18日
実家に帰ってきても夜中にごそごそ起き出すのは自宅と同じ。
パソコンがないので
新聞や本を読みスマホを見るくらいなのでそのあと
また、ゆっくり二度寝。
朝ごはんは93歳の母が。
魚を焼いてお味噌汁に残りの煮物など。
介護されているのは私か!!
でも一人でどんな風にしているのか厳しくチェックしないとね(-_-;)

母は歯が悪いのでゆっくりゆっくり。
それでも半分くらい残してまた、後で思いだしたように食べている。
昨年歯茎がすっかりなくなって入れ歯では思うように噛めないし痛いらしい。
それでもまだ入れ歯が嵌まるので何とか顔は年寄りじみなくて済んでいる。
これで入れ歯も入らなくなったら恐ろしい。

以前から私も死ぬまで自分の歯で食べられることを意識して歯を大事にしているけれど
歯茎についてはいまいち意識がなかった。
でも歯と同じあるい歯以上に大事にしなきゃいけないと母を見て思う。
歯周病の怖さはよく言われるけれど
歯茎そのものの管理についての情報は少ない気がする。
歯を磨くように歯茎を健康にするにはどうすればいいのだろう。

歯肉退縮の治療
歯肉退縮が軽度であれば、歯医者さんでその部分をディープクリーニングすることで治療ができます。
ディープクリーニングをすると、歯垢や歯石が除去され、露出していた歯根が覆われるため、細菌が付着しにくくなります。
残った細菌を除去するために抗生物質も使われます。
骨損失や歯周ポケットがひどく、ディープクリーニングでは十分に治療できない場合は、
退縮した歯ぐきの手術が必要になる場合があります。

歯肉退縮についての疑問
Q:歯肉退縮の原因は何ですか?
A:歯肉退縮の原因は、歯周病などさまざまです。歯ぐきが細菌に感染すると、歯ぐきの組織と歯を支える骨が破壊されます。これが、歯肉退縮の主な原因です。
Q:歯肉退縮はどうすれば防げますか?
A:お口のケアを正しく行うことが一番の予防になります。ブラッシングとフロスを毎日行い、年に2回は歯医者さんに見てもらいましょう。歯肉退縮が進行している場合は歯医者さんに頻繁に通うことが必要になる場合もあります。


そうこういう予防は健康で自分の歯がある人には適応するけれど
母のように入れ歯の時代も長く
加齢といっても90歳以上は想定外なんてことになるといったいどうすれば・・・?
わたしは口腔の専門家にもまだ対応策の研究は進んでないのではと思うんですけど。
急激に高齢化が進み
そこに現れる身体的な変化についても
「へ~そうなんだ」と
我々次元の驚きでこれから実態調査が始まって
対応や予防は我々世代に間に合うかどうかじゃないかと。
明らかに間に合いそうもない後手後手の高齢者の社会福祉と同様
長生きや健康寿命と謳ってはいても
実際健康で長生きできるてだては手探り状態
我々ともっと高齢者はモルモットになる覚悟が必要かも。
関連記事

コメント

非公開コメント
My profile

Author : merienda

創造力と想像力で楽しむ暮らし。現在山に夢中。お花大好き。月1回の男の料理会。東京在住。姑(99歳)を呼び寄せて近くの施設に。母(95歳)も隣の市の老人ホームに入居。老老介護の現実に向き合う日々。

写真はカシニョール「おやつの時間」
メリエンダはスペイン語でおやつ(間食)のこと。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


にほんブログ村 にほんブログ村へ

ご訪問ありがとうございます。更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。

FC2カウンター

月別アーカイブ