FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

0

姑の今後

12月4日
午後は姑のいる施設で担当の方々と今後について話し合い。
来年の1月といっても来月ですが
また姑の介護度についての判定があります。
介護度3で呼び寄せた母が介護1になったのにびっくりしたのが
もう2年前だったというのがうそのようです。
この調子でさらに元気になったと求められれば
矛盾しますが喜ばしいことばかりでないのが介護の辛いところです。
全面自宅介護になれば
自宅介護ができないわけじゃないけど
自立した生活ができるわえkではないので
補助のために佳人の誰かが在宅する必要があります。
家人といっても要は夫と私です。

いまだに仕事に出ている夫はそれを受けいれて仕事を辞める気があるのでしょうか?
う~ん私も介護に終われて1日中家にいるというのもね。
結構家にいるほうだけど
好きで家にいるのと
出かけられないというのでは全然違う。
だからと言って快適な有料老人ほーうにどうぞというほどの経済力もなく・・・。
でも、これってこんな高齢化社会の時代にわがままってものなのか??
姑にすればどんな気持ちなんだと悩みは深いわけで・・・"(-""-)"

実際相談員の方がその辺をとてもよく察してくださっていて
判定を覆すことはできないけれど
それ以外のことはなるべくご要望に応えましょうとのこと。
その後は相談員も含めて介護士や整体師のリハビリ指導の先生に日ごろの状態についてのおはなし。
身体機能にそれ相応の衰えはあるけれど
比較的元気で精神状態も安定しているとのこと。
何より様子を見に行った時もお誕生会のケーキを
お友達とおしゃべりしながら楽しそうに食べていたので
我が家でお仲間や同世代の話し相手もいない状態よりずっといいと思われた。
まあ来年お判定待ちですなあ。
色々先が見えない状況が続くわけで、、、。


関連記事

コメント

非公開コメント
My profile

Author : merienda

創造力と想像力で楽しむ暮らし。現在山に夢中。お花大好き。月1回の男の料理会。東京在住。姑(99歳)を呼び寄せて近くの施設に。母(95歳)も隣の市の老人ホームに入居。老老介護の現実に向き合う日々。

写真はカシニョール「おやつの時間」
メリエンダはスペイン語でおやつ(間食)のこと。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


にほんブログ村 にほんブログ村へ

ご訪問ありがとうございます。更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。

FC2カウンター

月別アーカイブ