FC2ブログ
3月2日
IMG_2576.jpg

思い立ってお雛様を出しました。
たまたま明日娘も孫も来るということになって。

何年かぶりかだったので
雛段の作り方も忘れていてまず手間取りました。
いつもこの7段にはてこずりますが
出来上がるとこんなにコンパクトによくできているなあと感心します。

そのあとなんと緋毛氈が見つからず探し回りました。
ひな人形の箱の中にちゃんとしまってありました。

長い毛氈にアイロンをかけ雛段に敷くのも結構手間がかかる。

そして天袋に入っている残りの
ひな人形の函全部を引っ張り出します。
よくこんなに大きな荷物を狭い官舎にの押し入れにしまえていたものだと
いまさらに驚きます。
人形の岩槻まで3歳にならない長男と初節句の長女を連れて探しに行きました。
結局横浜のデパートで京都の島津の人形に決めて
その表情や姿がしっくりと気持ちにおさまってうれしかったのを覚えています。
その時この大きさが気にならなかったのが不思議です。
もう40年も前のことですけれど、、、(^^♪

ムム!飾り方も忘れてしまっている。
それに姫はなんてお道具持ちなんだ。
嫁入り道具が多すぎる。
IMG_2575 (2)

初節句の頃は朝子供たちが起きる前に
飾り付ける芸当ができた私が
お雛さまの小道具などはもう飾らないことにしても
位置も配置もかなりでたらめ
それでも
今日は日がな一日にらっめこでした。


ついでに紀州びなやいただいた陶器のお雛様や鳥取の流しびなも出して
姑の紅絹(もみ)の端切れで小さな毛氈も作りました。
IMG_2572.jpg
漆器の紀州びな

IMG_2573 (2)
陶器の創作びな

流しびな
鳥取の流しびな

季節のしつらえを楽しみながら
手仕事をしながら暮らすのが私の老後生活の望ましいパターンの一つです。
せわしなく雑用の多い毎日でなかなかそんな暮らしがままならないけれど
もう老後と言われる年齢にはなってるはず。
年齢と気持ちがかなりかけ離れている。
静かな老境の境地にはいつたどり着くのでしょうか?

関連記事
2018.03.02 / Top↑

人気ブログランキングへ
Secret

TrackBackURL
→http://merienda07.blog95.fc2.com/tb.php/3947-2f6d6b9f