1月24日
草津白根
2015年6月21日に登った草津白根山

昨日、朝とりあえず雪かきを済ませた後
お昼も食べずに雪かきやバラの修復をしている間に午後3時近くに。
道路も通れるようになったのでうどんを買ってきてもらってカレーうどん。

テレビをつけると草津白根の噴火のニュース。
御岳山の白煙と違って真っ黒な煙。

草津白根は「山ノート」を見ると
2015年の6月に登っていた。
当時も草津白根自体は入山禁止で
元白根に登ったわけで。

今回その安全と思われた元白根が噴火したというのでびっくり。
しかもその湖岸を歩いた鏡池からの噴火とは。
元白根

鏡池はその池底の亀甲文様で知られています。
元白根5

雨中登山でしたが美しい高山植物に彩られた山道は
今もしっかり覚えています。(草津白根山は花の百名山にも)
草津白根10
美しいコマクサ

草津白根7
地元の中学生が丹精込めて世話しているそうです

元白根2
イワカガミも群落に

噴火警戒のため草津白根には登れず
最高地点のある元白根に登って
草津白根は元白根側からそれもバスの窓から見ただけでした。

その安心のはずの元白根からの噴火。
観測所の方も火山学者も想定外とのことでした。
でも自然は人間が想定できるものではないということではないでしょうか?
おおらかで優しく恵みの多い自然も
恐ろしく一瞬で人の命を奪う噴火や地震や洪水も
すべてが自然そのもの。
いつもそのことを感じていないとダメなんでしょうね。

今回は被害者の多くがスキー客。
中でも訓練中の自衛隊員が犠牲になったことは痛ましすぎます。

昨年霧島の韓国岳に登った際には新燃岳の火口は不気味にふつふつとしていました。
その火口を韓国岳の山頂から見下していることに底知れぬ恐ろしさと妙な違和感を感じたものです。

でも3000年も噴火しなかった穏やかな場所の警戒は無理だと思います。
警戒警報が出なかったといって責めることも。

百名山の多くは火山なので登山は重々その自覚と覚悟が必要です。
でもその近くに住んでおられる方々にとっては毎日の生活の場だし、、、。
思いは堂々巡りです。

この記事は24日にアップしたはずが消滅してしまい
遅まきながらの再アップ(1月29日)です。
実際の2015年6月の記事は
草津白根山にhttp://meriendayama.blog.fc2.com/blog-entry-20.html





関連記事
2018.01.24 / Top↑

人気ブログランキングへ
Secret

TrackBackURL
→http://merienda07.blog95.fc2.com/tb.php/3907-7159efd3