FC2ブログ
12月24日
クリスマスと言えども取り立ててすることもなく
娘も年賀状を書き上げると早々に帰ってしまい、
夫も珍しくほぼ書き終えた。
結局私が一番最後に。
やっぱり足りなくなって追加を80枚。
全部で430枚。
一時からすればずいぶん減ったけれど
まだまだ多い。
夫の仕事関係が来年はさらに減るはず。

図書館で借りた高田郁さんの「あきない世傳 金と銀〈3〉奔流篇 」 を読み始める。
面白いけれど
「みおつくし料理帖」ほどではなく
1、2巻までは料理帖も含めすべて毎巻発売を楽しみに娘が買っていたけれど
今回は買わなかったようなので図書館で。
その分やっぱり期待度は落ちて来ているかも。

後林真理子さんのエッセイ「美を尽くして天命を待つ」
題名通りのさして意味のない気楽な内容。
真理子信者ではないので読む必要もなかったけれど気軽に読めちゃうので。
もう一冊は「百連れんれん」
朝ドラの「花子とアン」で白蓮が注目され2014年俄然売れ出したとか。
確かにあの時の仲間由紀恵の白蓮は魅力的で白蓮何者と思わせた。
1994年に初版発行の第八回柴田錬三郎賞受賞作。
この本が一挙に脚光を浴びて真理子さんウハウハ。
でも今は予約なしで借りれました。
人の心は移ろいやすいものですね。
でもエッセイほどには読み進めなくてひょっとして年越しかも。
お正月に読める本があるのはありがたい。
数冊持って母のところに行こうと思う。
山以外に読書もワクワクするものになってきたのがうれしい。





関連記事
2017.12.24 / Top↑

人気ブログランキングへ
Secret

TrackBackURL
→http://merienda07.blog95.fc2.com/tb.php/3874-b9c6dffc