ようやく平が岳に

10月1日
何度この山の計画を立てたでしょう。
今年6月に早々に立てた計画から何度もキャンセルの繰り返し。
日程と天気と宿泊の予約の3っつがそろわないとダメな山。
アクセス最難関の山は
皇太子さまのおかげでショートコースが開発されて楽になったものの
やっぱり登山口に到着するまでは色々大変。
今回山形からの帰りに立ち寄れたのはラッキーでした。

湖山荘のバスは4時出発。
中ノ岐登山口には約1時間。
他の宿舎からのバスも集合してかなりの数。
準備をして出発は5時半。
10.1平が岳

グループの中では早めの出発を心掛けます。(5時38分)
(どうせびりになるので…"(-""-)")

視界のない山道を登り続けて約2時間卵石の分岐です。
10.1平が岳卵石5

自然の摩訶不思議な造形卵石
10.1平が岳卵石

お天気が良くてしっかり見えてはいるのですが山の名前は不明
10.1平が岳卵石2

卵石の背後には池塘が広がっています
10.1平が岳卵石4

卵石の横の石の上で早々とここで小休憩。
早々と後れを取ります(^-^;

分岐に戻ると目指す平が岳が見えていますが
本当に平たい草原が続くので山頂を目指す感はありません。
10.1平が岳卵石3

多少のアップダウンはあったものの
よく整備された木道をたどって約40分で山頂(2141m)です。(9時10分)
10.1平が岳4
山頂のデッキからは燧岳や至仏山が我々の目にも明らかに確認できました。(^^♪

10.1平が岳2
 
10.1平が岳3

この広い平らな湿原の謎
10.1平が岳5

木道の終点。
10.1平が岳6


お天気がいいのでまたまたたっぷり休憩してさらにビリ集団に。
私たちは足が遅いのに休憩が長い。遅れるはず!
こんなにいい天気の山頂を楽しまないでスルーなんて2度目がない私にはできない。
最後にもう一度燧岳を見て下山。9時30分。
10.1平が岳7

15分ほどで姫の池への分岐。9時50分。
10.1平が岳8

姫の池は多くの池塘の中でも最大のもの。
10.1平が岳10

姫の池から山頂方向
10.1平が岳9

そしてあとは下山のみですが
今日は上空をヘリコプターが行ったり来たり。
10.1平が岳11

山道の修理をしてくださって交換した後の
その廃木を道路で待つトラックまで運んでいるみたいです。
10.1平が岳12

歩きやすい木道もこうした方々のメンテナンスのおかげです。
本当にありがたいと思います。

そしてほとんど登山口近くまで下りたところで
少し登山道をそれたところにある洞窟で
ヒカリゴケを見ることができます。
10.1平が岳13

私は軽井沢の鬼押し出しでも見た記憶がありますが、神秘的。

光反射の仕組み[編集] ウイキペディアより
ヒカリゴケは自力で発光しているのではなく、原糸体のレンズ状細胞が暗所に入ってくる僅かな光を反射することによる。またレンズ状細胞には葉緑体が多量にあるため反射光は金緑色(エメラルド色)になる。


最後尾ではなかったものの先発のバスはすでに出発して2陣目のバスに間に合いあいました。12時20分
10.1平が岳14

帰りはあもう何度目かになった長いトンネルのシルバーラインを
抜けて小出から湯沢までは一般道で。
このルートでいつも行くお蕎麦屋さんに立ち寄るのが最近の楽しみの一つなもので。
この天ぷら
10.1平が岳15
そしてへぎそば
へぎそば

湯沢中野屋のそばはおすすめです。
そして一路自宅に。

















関連記事



Comment

非公開コメント

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ