in つれづれ

思い出が絵になる

-0 COMMENT
6月13日
ベルガモット
ベルガモット:大きく花を広げて大輪のたいまつに。最近はモナルダという属名で園芸店でもよく売られてる。

お料理会のメンバーさんがアクリル画の作品展に出品されているので稲城まで。
ご一緒してみたことのある風景が絵になっている。
すごいなあと感心。
お料理会のメンバーさんはそれぞれ多趣味で多才。
製作中の充実した時間が思われ、うらやましい限り。

アクリル画

アクリル画2

アクリル画3



それにしても無趣味で無能な我々夫婦はこの頃感心することしきり。
とりわけ有能な方の多彩さ。
日経連載中の谷口さん。
先日読んだ芸大ルポ(夫にも回し読み)
テレビの佐和子の対談の五嶋龍。
磯崎(新)さんの本を読みながら
「意味が分からん!」とぼやいている。
確か彼も専門は建築なんだけど、、、。

今更真似もできないけれど
生まれた時から時間の使い方が全然違う。
天才と凡人の違いはあるにしても
天才が恐ろしいほど努力されているのに
あほが遊んで寝て暮らしていたわけで、、、"(-""-)"
せめて余生は人の邪魔や迷惑にならないよう暮らしたいものです。

雨の中そのあとは材料の仕入れに。
私は私のできることを精一杯!
あれっ❓これってどこかで聞いたセリフ。
そうだ、「ハチドリの一滴」
(辻真一)さんのお話で聞いたっけ。

けなげないとおしいハチドリ。
それもおこがましいっけ?


関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment