in 旅行・登山・ドライブ・日帰り

京奈和道路で

-0 COMMENT
6月2日
早朝家を出て和歌山に。
順調に走って西名阪から京奈和道路に。
3回目ともなると
一般道に出るのが煩わしいのか
夫はやっぱり阪和道のほうが早いなあとぼやきだした。
私は里山風景が続く景色が間近いおまけにただなこのルートが気に入っているけど。

前回は休憩がてら道の駅「かつらぎ西」で和歌山ラーメンを食べたけれど
今回は道の駅「青洲の里」に。
なんと和歌山県人の夫が華岡青洲も有吉佐和子の「華岡青洲の妻」も
知らないというので驚いた。
青洲が全身麻酔の研究をし、実際に全身麻酔による乳がん手術を成功した住居兼病院兼医学校である
春林軒塾が公開されていた。
青洲の里2

青洲の里

初めて知ったばかりなのに
青洲の業績や生き方に和歌山県人として大いに誇らしいらしく
彼にとっては偶然のこの立ち寄りがお気に召した様子。

併設の地場産の野菜がメインのレストランでランチバイキング。
青洲の里3
地元の方が頑張っている感満載

青洲の里4
ほんとうに家庭のおもてなし料理って感じでおいしかった

青洲の里5
ベランダからの緑の景色も素敵!
というか京奈和はずっとこういう景色ばっかりではあるけれど、、、(^^♪

前回は舅のお墓参りができたし、京奈和はなかなかいいということに。

倉庫では前回刈った草をクリーンセンターに持って行ったり、
在庫が30年近くそのままになっていたものを埃まみれで掃除。
姑宅がなくなったので夜は和歌山のホテルに。
だんだん夫の和歌山との縁が薄くなっていくのは
彼にとってはやはり寂しいことなんでしょうね。
私はひたすら早く片付けてしまいたいけれど・・・。




関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment