in つれづれ

イライラが募るお片付け

-0 COMMENT
2月20日
当たり前なんだけど
すべてに準備不足で
急に電話しても回収業者なんて来てくれない。
仕方ないので自分たちで運んで
タンス一棹と鏡台、金属製のラックなど大物も処分場に。
ここでは持ち運びさえすれば
すべて無料で処分してくれる。

ゴミは有料化され、資源ごみは分別が厳しい地域とは随分違う。

もうひと箱ダンボールに食器類をおば宅に梱包して送り、
電話したらすぐ来てくれた
姑のいとこの方にもまた、いくつかのものをもらってもらった。

お二方とも本当に必要かなと気になるけれど
気持ちよく引き取ってくださったので大助かり。

夫はここまで来てパソコンに向かって仕事をしたり
電話をしたり。
君の家を片付けてんだよとその無責任な態度にむかつく。

お昼には近くの店にうなぎと手羽先を買いに行って
腹の虫を押さえた。
備長炭で焼いた鰻と焼き鳥は私のお気に入り。

家具を処分すると壁のきたなさが目立って
壁拭き屋戸棚拭きも。
私は引っ越し歴24回を誇るけれど
最後の引っ越しからすでに30年近くになって
今更ながら引っ越しの大変さをつくづく。

そういえばあの時も夫は全然手伝わなかったなんて
思い出して妙に腹が立ってきた。
女は昔のことでも何度でも腹が立つわけで、、、。
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment