in つれづれ

キャンベルのスープ缶

-0 COMMENT
2月3日
最近重宝しているのがキャンベルのスープ缶。


近くのスーパーで安売りしていたのがきっかけ。
キャンベル缶と言えばアンディウオホール。
とってもアメリカっぽい。
キャンベル缶


コーンとマッシュルームとクラムチャウダーとパンプキンを試してみた。
すべて缶と同量の豆乳で溶きながら温める。
朝二人分のスープにちょうどいい。
最後はパンでお皿を拭きとるように食べる。
できれば二人ともお替りしたいくらい美味しい。

ランクを付ければクラムチャウダーが一番。
そしてマッシュルーム、パンプキン、コーンの順。
コーンこそアメリカの味って気がするけれど
なぜかコーンそのものが硬くて美味しくない。
クラムチャウダーは具のジャガイモとよく合ってボリュームもあって美味しい。

スープが濃厚なのでパンは最近シンプルなフランスパンバージョン。
ずっとクルミとゴジべリーと干しブドウを入れたドライフルーツの重いパンだったけど
白いパンに返り咲き。

そういえば最近ニンジンジュースを飲んでいない。
昨年の悪天候で無農薬ニンジンがどこも品切れになってしまって
購入できなかったので
その間のつもりで買った野菜ジュースが


あまりに簡便で
夫が元のニンジンジュースに戻ると言わなくなった。

確かにジュースを作るのも使った後の掃除も
10kg分の野菜室のスペースを開けるのも
ニンジンを注文するのもすべて面倒。
楽になじむと元の面倒な手順にはなかなか戻れなくなる。
身体も脳も。
4万円も投資したジューサーの処分をどうするかが悩みどころ。

夜は以前のボランティアグループの方々と飲み会。
久しぶりにあってそれぞれの話が盛り上がって
あっという間に3時間を過ぎていた。
30年もボランティアを続けられる仲間に
限りない信頼。
いい方たちと巡り合えてよかった。
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment