in つれづれ

久しぶりのわが家

-0 COMMENT
1月28日
ストック
ストックは寒さに強いらしくよく咲いている

アンスンエンシス
ようやく名前を覚えたアンスンエンシスも花をたっぷり咲かせている
寒いけれど澄み切った青空。
花がうつむいて咲くので下からのぞきこんで撮る。

昨夜は8時ごろには寝たのでその分
早く目が覚め
2時前にパンなど仕込んだ。
いつも通り5時間後の6時45分に焼きあがる。

夫がやっぱ入り江が一番落ち着くでしょうと
いうけれど
いつもの家事をやるとまさに実感。

そして庭に出て花など見れば、、、。
ところが留守の間随分冷えたのと
雨が全然降らなかったみたいで

とりこまずに出かけてしまっタサンスペリアが溶けてしまっていた。
大丈夫かなあ、復活するかどうか危うい状態。
それにしっかり芽の出ていた春咲きの花の小さな苗が
水切れと寒さで消えてしまっていた。

頭に来たのはブロッコリーとノラボウの苗。
ムクドリかヒヨドリがすべて食べてしまって
根元の茎だけになっていた。

そういえば帰ってきたときも鳥が数羽飛び立った。
また、柚を食べに来たのかと見逃したけれど
他に小松菜や青梗菜の葉もかなりの被害。
もう油断も隙もない。

秋には蒔いたばかりのきぬさややスナップエンドウの種もすべてやられたし、
12月には千両の実も全部食べられた。
年を越しても被害は続いていた。

それにしてもご近所ではしっかり千両の実がついていたり、
エンドウの苗が育っているのはなぜ?
鳥たちにも隙だだらけの人間だと見破られているのが口惜しい。


夕方長男家族3人が電車で。
長男は仕事で夜に車で。
夫はフルートの発表会で夜は打ち上げ。
それでお子様たち希望のいつもの馬車道に。
3歳は無料だというのに
食べ放題のピザを若一人が恐ろしいほどお替りしていた。
ママはチーズがだめでデザートピザしか食べない野だけれど
私がやや食が細くなったとはいえ
食べ放題の欲目でつい食べ過ぎるし、
姫はまあ普通として
何だか気が引けることでした。



関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment