in つれづれ

いまだ原因は不明

-1 COMMENT
1月24日
朝紹介状をいただいて、高槻の病院に。予約ができなかったので待ちは覚悟でしたが思ったよりスムーズに診ていただけました。
レントゲンの結果からも軽い間質性肺炎は考えられるけど、出血するほどの兆候は見られないとのこと。
やはりピンク色の血痰には首をかしげておられました。
経過を見ましょうということで、心配なら、耳鼻科を紹介してくださるということなのでお願いしました。
明日の午後に予約時間がきまっているので明日にならないと診察日がわからない。
大きな病院は手続きが大変です。
91歳の母一人で対応は不安です。
夫もそばに居てあげなさいと言ってくれたので、
滞在を延ばすことに。
同じころ、夫は姑の2か月1回の病院行きに付き添い中。
問題ないので、姑の気分転換のために次回5月を予約したとのこと。
妹は仕事があるので、部屋の片づけをしてくれて、午後には帰宅しました。
母は異変がちょうど我々が帰ってきているときに起きたので、亡くなった父がちゃんと見守ってくれていると、病気の心配よりそのことに大いに気を良くしている風です。
そのおかげで私も付き添いできました。
母が毎日欠かさずおまいりする仏壇の父と仏様と神様は霊験あらたかでした。

思ったより病院は遠かったので、帰りはバスと電車とタクシーを乗り継いで帰りました。
途中王将でラーメンと餃子を食べました。
評判の餃子を初めて食べましたが、さすが安くておいしかったです。
母は1人前ずつを2人で分けたので、お店が儲からないと気がねしていました。
卑しん坊の2人ですが食は細くなっているので、ちょうど良い量で残さずに済んで私は良かったと思ったのですが。
東京生まれの母と大阪育ちの私。
親子でも考えは微妙に違います。
関連記事
  • Share

1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/01/25 (Wed) 12:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment