in 講座・講演

多摩大学リレー講座 寺島学長の「2017年、世界の構造変化と日本」

-0 COMMENT
1月12日
多摩大学リレー講座最終日。
寺島学長の「2017年、世界の構造変化と日本」
また新年度の資料集寺島実朗の
「時代認識と堤言』を下さった。
私などこの資料集を読むだけで1年を要するというのに
多くの著作、全国での講演・大学での講義、
そしてテレビ[寺島実朗の未来先見塾・サンデーモーニング・月刊寺島文庫。
新聞の取材・雑誌の連載などなど、、、。
この旺盛な知的活動には圧倒され摩訶不思議の世界。

最新刊「シルバーデモクラシー」はまさに我々世代の立ち位置についての提言。


人口の4割にもなろうという高齢者世代に新たに加わった戦後世代が
年金と保険に頼って老後を生きるなんて許されないと私も思う。
シルバーが貢献する新たな参画型の社会構想。
戦後世代必読書になってほしい。

ところで2017年のキーワードは「PLANET TRUMP}
彷徨えるトランプ・この星の運命がこの男で左右される不透明」
おりしもトランプ次期米大統領は11日に記者会見。
この方の政策にもろ手を挙げて賛同する
アメリカ国民が多数いることが信じられないし哀しくもなるけれど、
ポピュリズム〈自国・事故の利害中心)の台頭というのが世界的な波長になって恐ろしい。
今年は歴史的な節目の年という説も
いろいろ言われているが
歴史からの視点で読み解ける範囲の変化変動で収まればいいなあと思う。
本来、楽観的な人間だけれど昨今の状況には私でさえ悲観的になるんだけれど、、、。
無茶ぶりを発揮する裸の王様の
ご機嫌をうかがって右往左往する日本の政界・経済界も情けない。
毅然としろよ毅然とって思うんですけど、、、。

それで合間にお気楽読書というわけでもないのですが
読書ノートにアップしたと思った記事がこんなところに。
最近PCが不調で日本語入力が全然できなかったりして
あれこれやっている間に間違えていた。
そのままここにも残しておきます。


またまた角田さんの本
読んでも読んでもあまり記憶に残ってない。
それでも手軽に読めるのでつい。

最初の転校生の話はとりわけ転校ばかりを繰り返していた私には
こういう状況を描いて見せる角田さんに驚き。
確かに転校生独自の世界ってあるかも。

そういう誰かの世界を描くのが秀逸。
だけどみんな角田さんでもあるような。


関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment