in 断捨離

今年の断捨離はじめ

-0 COMMENT
1月4日
仕事始めでもう行かなくてもいいんじゃと思うのに
夫は張り切って出勤しました。
私は読み終わった本の返却と予約していた本を借りに図書館に。
ついでに郵便局によって
姑が溜めていた5円玉や記念の500円硬貨を通帳に入金。
オリンピックやその他の特別記念硬貨は価格以上には値打ちがないとうことだし、
一般に流通させるのも面倒なので預金に。
1代前の1000円札や500円札も何枚かためていたのですが
それらも骨董的な価値はゼロということなのですべて郵便局に。
切手で分かったのですが
我々団塊世代の収集は
収集人数も多いので市場価値は全然ないとのこと。
姑世代もそれまでとても生活に余裕がなく
子供たちの収集熱に刺激されてというところがあるので
収集期間がほぼ同じ。
ですから昭和30年代以前のものは随分希少にもなって価値もあるそうです。
とにかく置いておいても仕方がないのですべて断捨離というか
整理しています。

今日はフライパンと灯油のファンヒーターひとつを処分しました。
暖かさは抜群だし、好きな場所における利便さは捨てがたいのですが
灯油を買いに行ったり、ポリタンクを2階まで運んだり、
いちいち給油する作業がだんだん億劫になって来ています。
私の部屋はガスファンヒーターを使っているのですが
小さくても結構暖かく気に入っていますが
ガス管が各部屋にないので最終的にはエアコン中心になりそうです。

今日は二男夫婦が姑をランチに誘ってくれました。
大阪の母のところには28日から3日までの
正月休みをずっと娘が行ってくれて一緒に過ごしてくれました。

頼まなくても自主的に祖母たちを思ってくれる
やさしい子供たちに育ってくれて今は我々の何よりの自慢の子供たちです。

姑も母もあんたたちの子とは思えんと言いますが、、、(^_^.)

思い立って全然片付けていなかった
姑宅から持ち帰りの段ボールを1日1個片づけようと始めましたが
半分くらいで飽きて
借りてきた久しぶりの角田光代さんの「マザコン」読み始めちゃいました。
ことしもなかなかはかどりそうもない断捨離です。

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment