in つれづれ

書類・通帳・カードの断捨離

-0 COMMENT
12月7日
読みもしないのに捨てられない書類。
保険や投資信託の解説や各種目論見書など。
絶対読ませないつもりとしか思えない(読まれたら困るのか!?)
小さな字でびっしり、難しい漢字と言葉でしかも分厚い冊子。
でも捨てたらいけない気がしておいて置くわけで、、、。
それがいつのもので
何の説明かも確認しないまま、、、。
見直すのも疲れる。

それが何時しか引き出しいっぱい。
手当たり次第シュレッダーにかけてみた。

そういえば通帳や口座も整理しなくては。
なんで同じ銀行にこんなに口座があるわけ・・というのもある。
転勤が多かったり
夫の単身赴任もあったりで
まだ子供たちの分も。
そうだまだその当時のままのものがあったりする。
次々と行われた合併で通帳もカードも今やどこのだれ状態も(-_-)

ついでにお金も残っていればいいのだけど
微々たるものか、あるかないのかわからないものも。

今度10年以上ほったらかしの口座は
没収されていろいろな支援に使われる法案ができるみたいだけれど
大賛成!!
でもその前にできることなら自分の支援に!!



それで解約ないしは
一つにまとめようと思ったら
今は本人じゃなくては二進も三進も行かない。
メンドクサイ世の中になった。
いちばんの心配は老化一方の私がこれらをすべて
管理できなくなる日がいつか分からないこと。
もし夫の方が長生きだったとしたら
家庭の家計管理はすべて任せっぱなしだったので
きっと困り果てるはず。
子供たちならさらに。
今のうちにもうさして増えもしないのだから
口座を少なくして全部普通預金か
定期と言っても1年物くらいに。
マイナス金利じゃ家に置いとくしかないよねと
おっしゃてたかなりリッチそうなご近所の奥さんもいたけれど
それって私でも狙いたくなるよ(^_^;)

迷惑をかけず生きている程度の蓄えと
少しのゆとり分で楽しみながら元気に生きられればね。
そのためには自分にも家族にも視界良好な管理に整理しなくては。







関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment