in つれづれ

凍てついた朝

-0 COMMENT
12月17日
メダカの鉢
メダカたちは寒いと下に沈んで上がってこない

氷
1C味上の厚みの氷

いよいよ本格的に冬。
朝の部屋の温度が8度で一けたになった。
庭ではメダカの鉢の表面に氷。
桶には1C以上の厚みが。
畑にも全面霜が降りていた。



意外と時間がかかった。
昨日が返却日だったので急いで返却に。
予約していた
「憚りながら」と「黄金の服」を借りてきた。
年末の忙しい時期だけど1月7日まで借りられる。

ところで「日本は悪くない―悪いのはアメリカだ」 (文春文庫)
今読んでも当てはまってるという気がする
先見的な内容でした。

下村が言っている経済の基本は「健全性」である。
人も、国も、借金と浪費に依存し、砂上の楼閣を築くような経済運営をせず,
身の丈に合った健全な生活をしなさい。
「日本人が日本人であること」をやめる必要はなど全くないと主張する。勤労に励み、モノ作りに精をだし、
働いて得たお金を貯蓄に回す健全な価値観を尊重する。
この価値観こそ日本人が取り戻すべき最も重要なものであり
また、欲を言えば、筆者はこの価値観を世界に伝えていきたいとさえ希望する。
「日本は悪くない 悪いのはアメリカだ 」  文庫本序文 神谷秀樹 より
序文を書いている神谷秀樹さんよいう方も
なんだかすごい経歴。
興味が次々に派生して読書がおっつかない。
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment