in つれづれ

着物と向き合うと頭が痛い

-0 COMMENT
11月4日
何と9月末に着付けのレッスンを終えてからその着物と小道具は風呂敷に包んだままでした。
着る機会もなくしつけのついた20代、30代でこしらえた着物たちが
そのまま和ダンスを占めていて
片づけ無きゃと思いつつ手つかずのまま。
今じゃ娘にも嫁たちのも派手で役立たず。
結局今回着ることになった着物は
姑の着物と帯。
それだって姑が来たのは確か私より若い時のはず。
これから着るものだけにしさえすれば
管理は随分楽になるはずだけれど、、、。
ものが捨てられないのは買った時の値段が頭にあるとはいえ
着物はけた違いだし
その表地・裏地・八掛の反物、そして縫ってくださった方一つ一つに職人の技術や思いがこもり
それらは守りたい日本の伝統なわけで、、、。
単にもったいないを超えている気がする。

明日着付けを依頼した美容院院届けておくための
一応の下準備。
長じゅばん・肌着・帯締め・帯揚げなど
はあ何だか頭が痛いこと。





関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment