in つれづれ

難病との闘病

-0 COMMENT
9月16日
中学時代は一度も話したこともなかった方と
還暦同窓会でお会いして以来お付き合いが始まった。
そして今日も上京するのでぜひ会いたいとのこと。
5月末に帰阪した際京都でお会いしているので
約4か月ぶり。
5時に宿泊先のホテルで待ち合わせ。
その時も結構ショッキングな話題だったけど
今日はそれ以上。
何とパーキンソン病に似た症状で
原因不明、治療法もいまだ不明という難病に。
聞いたことのない病名しかも難病をさらりと告げられても。
すでに同じ姿勢でいることはつらいそうで
歩くことも、話すこともすぐ疲れるみたい。食欲もないとか。

お話はベッドの上で。

いつもおいしい店を紹介してくださって会うたび食い気で盛り上がったのに、
健康情報も最新・満載だったのに
語学が堪能でさらにいまだに学習を続け
コーラスも・料理もと超多忙。
向上心とその持続力は尊敬と羨望の的だったのに

そんな方だからもちろん同情は禁物。
ちゃんと戦略的に病気と闘う覚悟。
応援だけしてって。
だからと言ってどう励ませば、、、。
まあいつも通りに普通に。

食欲もないそうだけど
今は無理にでも食べなきゃいけないからと
7時過ぎにホテル近くの回転ずしに。
思ったより食べれたので一安心。

この年になればいつなんどきの覚悟はできているつもりだけれど
身近な人にいざ起こってみると受け入れがたい。









関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment