in 断捨離

姑宅の断捨離

-0 COMMENT

何や今日も天気やったら大峰山行けたやん
とか思いながら
そもそも姑の家の片づけという目的が本命で家を出たのだった。
ということで
かんかん照りの中おじいさんは倉庫の周りの草刈りに
おばあさんは洗濯と掃除という具合。
今日は押入れと天袋を主に。
戦争体験者は物が捨てられないというけれど
どんだけためてるねんと次から次へ
今となっては何の役にもたたないけれど
姑が大事にないしは仕舞い込んだままあることさえ忘れたものが・・・。

おじいさんの幼少の頃の写真や学生時代のものも。
懐かしがってたらあかん。
処分!処分!

まあここ数年断捨離の掛け声は大きいけれど
なかなか片づけがはかどらない自分でもあるので
あまり大きな声では言えないけれど、、、。

未使用のままのものも多いので
すぐに捨てるというのも気が引けるし、
だからと言って迷っていると片付かない。

昼は帰ってきたおじいさんとランチに。
ゴミの山と雑草の山にいたので気分を変えてホテルで。

午後もまたそれぞれしこしこ。
夕方かなり遅くなったけれど
それでもおじいさんは予定終了だと。
おばあさんの方はあまりはかどった爽快感は皆無。
でもでも桃は流れてこなかったけど
袋に入ったままの現金など見つけてしまった(^_^;)

姑が住まなくなってまる2年。
売るか貸すか何とかしなきゃと言いながら
具体化するのはまだまだ難しそう。
この家は舅がなくなってから姑が一人で住んだ家。
広くはないマンション住まいだけれど
それでも20年以上、人、一人がすんでいた場所を
片づけるのは容易ではない。

どうしたもんかねえ??
ととねえちゃん助けてくれえ!!
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment