in 孫談義

ギャング集団襲来

-0 COMMENT

8月1日
姫だの若だのと可愛がってきた孫たちも
今や小学2年と3歳。
自己主張の激しい年齢で可愛いとばかり目を細めてもいられない。

朝7時過ぎ彼らの最寄駅まで夫が迎えに行き
8時半にはご到着。

私は9時からの調理室の申込みがあるので自宅待機。
すぐさまプールだの公園だのコール。
無事手続きを済ませ、
夫は仕事に
私はプールに。
2時間の時間制限があってよかった。
これ以上監視員役は無理!!

そしてランチは中華屋に。
ラーメンとチャーハン盛りのランチを2人前。
彼らはいつの間にか食欲旺盛で
ラーメンもチャーハンも平らげてくれた。
これから午後はどうするか頭が痛い。
昼寝をしたいのは私だけで彼らはおもちゃを出し、
テレビを見、折り紙をし、ねえねは宿題もして忙しい。

夫が5時過ぎに帰ってきたので
私は気になっていた外科に。
以前捻挫した箇所を
今回の山の帰りにまた捻挫して腫れてきたのと、
以前椅子から落ちたところが
なかなか治らないので
足首と顔の2か所レントゲンを撮ってもらった。
骨的には異常がなかったので一安心。

やはり山で取れてしまった左上の奥歯の歯冠は
多分もう治療は効かないと思う。
こちらは3日に予約。
だんだん歯の数が減るのが不安。

それにしても姉弟は仲が良く、
本当に面倒見が良いので
ねえねは絶大な信頼。
結構わがままな姫が
弟のことになると
ほぼ自分を押さえてしまえるのが不思議なほど。
健気すぎる。

夕食には二男夫婦も。
大好きだったはずのウナギがあったのに
姫の御所望は焼肉。
二人のテンションはさらに上がって興奮状態。
叔父おばすべてに愛されてまた彼らも十分好きすぎると思えるほど。
幸せな関係だよね。










関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment