6日目エルブロンネ展望台3466mからモンテビアンコ(モンブラン)

7月4日
またもや8時出発でクールマイヨールまで245㎞激走です。
山とのどかな田園風景を縫ってひた走ります。
7.4モンブラン5



目指すはモンブラン4810.9m。
途中晴れてようが曇ろうが雨が降ろうが
私は一喜一憂しないことに決めています。
山の天気は“その日その時その場所で”

11時昨年完成したばかりのスカイウエイ駅到着です。
スート地点のポンタル・ダントレーブ( Pontal d’Entreves )は標高1300m
7.4モンブラン3

混んでいてチケット発券まで30分くらいの待ちでした。

添乗員さんもかつてこんな天気に恵まれたことがないという上天気!!
7.4モンブラン4
ここからは見えませんがあの峰の向う側にモンブランが。

7.4モンブラン2

スカイウエイは360度回転しながら中間乗換駅のパヴィオン・デュ・モンフレティ( 標高2200 m)まで。

そして乗り換えて頂上駅標高3466mのエルブロンネル展望台に。
すでに富士山と同じくらいの高さ。

急激に3000m超えで高山病や息切れが心配ですが興奮してそれどころでは、、、。
見えました!!
くっきり。
7.4モンブラン

展望台の写真標識
7.4モンブラン6

それにしてもモンテビアンコもモンブランも白い山という意味だと思うけど
4800mの山が7月の初めですでに山頂以外は地肌を見せているのってと妙に気掛かり。

7.4モンブラン8

スカイウエイも360度の眺望を楽しめたけれど
この展望台からも多分最高の距離感で360度の展望。
反対側には
何とヨーロッパ第二の高峰モンテローザ(4634m)やマッターホルン(モンテチェルビーノ)もくっきり。
7.4モンブラン12
展望台の標識
7.4モンブラン11

そしてモンブランはスイスとイタリアの国境線にありすぐ向こう側にはスイスからのアプローチが。
7.4モンブラン7
実際に歩いている人もいて何だかすぐ行けそうな近さ。

帰りは中継駅の植物園に
7.4モンブラン9

そしてモンブランがよく見えるレストランで昼食。
7.4モンブラン10

お天気に恵まれて大満足のモンブラン観光でした。

そしてクールマイヨールの街を散策してからアオスタに。
この旅行に参加するまで聞いたこともなかった街だけど
イタリア・スイス・オーストリア・フランス・ドイツなどの交通の要衝で
古代から栄えローマ時代の遺跡も残る魅力的な街だった。
しかもモンテビアンコ・モンテローザ・チェルビーノをはじめなど4000m級の山々を擁している
ヴァッレダオスタ州の州都でもある。

7.4アオスタ
アウグストウスの凱旋門

7.4アオスタ2
聖オルソ教会

7.4アオスタ4
修道院の回廊の柱(厩で生まれたイエスの彫刻)

7.4アオスタ5
ローマ時代の遺跡:プレトリア門

7.4アオスタ6
その遺跡の一部がレストランとして使われている

7.4アオスタ8
市庁舎

7.4アオスタ7
広場からは氷河を抱いた山が見える

アオスタからモンテチェルビーノの山麓の町チェルビニアに(37km)。
どよめきが起きて車窓からマッターホルンが見えました。7.4チェルビーノ
ホテルからはさらに間近に
7.4チェルビーノ2

朝、モンテビアンコを見て夕方にはモンテチェルビーノを見ているなんて信じられない
7.4チェルビーノ3

ホテルのディスプレイ
7.4チェルビーノ4

そして夜はフリーなのでオススメのピザ屋に。
同じグループの方が頼まれたピザの大きさにびっくり
7.4チェルビーノ6

でも美味しくて軽いので結局ほぼ1枚食べちゃいました。
7.4チェルビーノ7

ホテルのお部屋からのモンテチェルビーノ(21時44分です)

7.4チェルビーノ8























 


関連記事



Comment

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ