in 旅行・登山・ドライブ・日帰り

高野山から富田林経由

-0 COMMENT
5月30日
朝6時半から朝の勤行に参加して
朝食。
高野山5.31

雨模様だったので
行ったことのある妹と母は部屋に。
私一人で奥の院散策。
高野山5.31-2

しっとり濡れた杉木立と林立する墓標群。
戦国武将たちも死しては安寧な極楽浄土等しく願うものなのですね。
同じ地に眠っておるというのも不思議。
歴史で名を知るその方たち間に現代の企業や多分地方の財閥と思われる方々の墓所。
生きても死してもお金がないと彷徨を続けるのかしらと、、、?

あとは弘法大師におすがりするのみ!

高野山5.31-3
奥の院弘法大師御廟

10時にチェックアウトして帰路に。
帰りは橋本から河内長野経由で富田林に。
知人が一昨年事故で脊椎損傷で歩行困難に。
直接会ってのお見舞いには伺ってなかったので立ち寄ってお見舞いに。
ちょうどリハビリを終えた
リハビリセンターで一緒に昼食。
車椅子姿になった彼を見るのは初めてだったけれど
電話では何度か話をしていたので
お互いにいつも通りの会話が始まった。

一人で車を運転してリハビリに通えるようになっているだけでも
その間の彼の心身の苦痛と克服のための努力は察するに余りある。

途中和歌山名物柿の葉寿司やサバずしを。
両方とも美味しかったし
もちろん彼もすごく喜んでくれた。
母や、妹も過去にもあったことがあり、
とりわけ若い頃(痩せてた&美しかった??)の妹を知っていてくれることを
喜んでいたのは妹の方。

そのあと路面店のユニクロに。
母は一度もユニクロに行ったことがないというので
エアリズムの下着やTシャツなどを買った。
我々も便乗してお揃いのリラコなど。

そして時間通り5時に車を返却。
渋滞もなくスムーズなドライブで無事でよかったよかった。
父がにぎやかな3人の道行きを見守ってくれていたかも。



関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment