in つれづれ

浄水器のカートリッジ交換

-0 COMMENT
5月24日
片づけていたら鈴木その子さんの本が出てきた。
「痩せる水・太る水」

ダイエット法で一世を風靡した鈴木そのこさん自身が68歳とまだお若くて急逝されたので
その健康法もイマイチ下火になったかも。
わたしの料理法のバイブルでもあった
システムクッキングの著者丸元淑生さんも74歳でがんで亡くなった。
健康長命の食事法を研究実践されていたので
「なんで?」と思ったけれど
そのお仕事の忙しさやストレスが食事でカバーできないこともあるとして
とにかく知人の紹介のこの本は「へ~そうなんだ」と目からうろこ。

今でも私は大好きな鮭は水分交換のため水に浸けています。
まあ他はやってないのですが、、、。
鮭はチリ産の養殖物の油が気になって。

その本にまずは選ぶべきは浄水器とあり
慌てて浄水器を調べて見た。
まあ、やっぱりわが家にある日本ガイシの浄水器は間違いないということで
とりあえずとっくに期間が過ぎていたカートリッジを替えた。
液晶表示の水量ではまだ大丈夫となるけれど目安の1年はとっくに過ぎて正直2年は経過しているので。




カートリッジは前回替えたときにあたらしいのを買い置きしていた。
今回は買い置きは止めて必要になった時点で買うことにする。

カートリッジは日本碍子が無料でリサイクルのため引き取ってくれる。
いいシステムなのでゆうパックの着払いを申しこんだ。

たまにこういう本を読み返すのも私にはいろいろな動機づけになっていい。


関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment