in つれづれ

高尾山からもみじ平に

-0 COMMENT

4月11日

市街の桜の季節がほぼ終わるころ

高尾山の桜の季節の始まり。

料理会のメンバー5人と一緒に。

清滝から稲荷山コースで山頂まで。

途中四阿のある見晴し台からは

新緑の中にやさしいピンクのの山桜が散在して

春景色満喫。

寒さの残る曇りの予報が外れ

汗ばむ気温に気持ちのいい青空

山頂は平日でしたがいつものにぎわい

山頂の桜も満開間近

 

ここから裏高尾に降りて

紅葉平から一丁平へ続く千本桜と呼ばれる

桜並木はもう鼻歌(花歌)交じりで楽しく歩ける整備された遊歩道。

と思いきやう~ン残念ながら

今回は体調が悪い方がいらして紅葉平どまり。

紅葉平の桜

ここで本日のメインイベントの持ちよりお食事会。

さすがお料理会の古参。

山の弁当と思えない手料理が並びます。

もちろんアルコールも。

お弁当

私は控えめにさくらのご飯を高菜で巻いたおにぎりと

モズクの天ぷら。

さくらご飯
 

 

帰りは薬王院でそれぞれ健康祈願。

そしてケーブルの山頂駅で天狗饅頭を食べて

お一人はケーブルで5人は琵琶滝経由で6号路に。

いつものようにお蕎麦屋さんでしばし反省会。

 

お目当ての千本桜を歩くことができなかったけれど、

まだ時期的には少し早かったので

今週末には見ごろのはず。

もう一度チャレンジしたい。

途中で見た山草

エイザンスミレ

スミレはもうあちこちで花盛り

リンソウも

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment