in つれづれ

バッテリーチェッカー

-0 COMMENT
3月16日
結局買ってしまった。
先月くらいから乾電池の残量計が調子悪くて。
まだ1年半くらいなので
壊れるには早すぎると思って
あちこち触ってみたけど
つくり自体がちゃちいので修復しようもないみたい。
(見えないけれどハンダ部分が外れちゃうとからしい)

2014年11月12日に973円で買っていた。
値段が200円以上安くなってる!!

でもまた買い替えるというのも全然エコじゃないなあと
ためらっていたら
そのあとに電池が切れて動かなくなったり、
電池切れ?故障かわからないこともあって
やっぱりないと不便でアマゾンで注文。

アマゾンで796円

早速来たけれど
思ったより大きくて今度は単4の電池挿入タイプ。
止まってしまった単1を4個も使う電波時計の電池を調べてみたら
1個はゼロ、もう1個はプア。残りの2個は
もう少し使えるとまだ使える。
何と残量はバラバラで量らなければ全部捨てるところだった。
やっぱり残量がチェックできることは
私には精神衛生上もいいみたい(^_^.)
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment