in つれづれ

圧力鍋パッキン注文

-0 COMMENT
ご近所の方にお肉をまとめて一緒に買っていただいている。
その中でのお気に入りはすじ肉。
今回も1㎏買っていただいた。
圧力鍋で煮込んで汁を捨て
それを3つに分けて冷凍。
大根,ニンジン、こんにゃくなどとともにそのすじ肉をまた圧力鍋で煮込む。
というわけで最近圧力鍋の登場が多くなっていたけれど
どうも圧のかけ具合が弱い気がしてた。

圧力鍋は母が買った松居一代プロデュースのマジッククッキング。
テレビの広告で衝動買いしたものを
結局使えずに押し付けられたもの。
そう貧乏性でケチなので使いまわしているわけで、、。
でもいつもらったのか忘れてしまって
気が付けばそろそろパッキンが寿命かと。

ネットで調べたらちゃんと交換部品が手に入ることが分かった。

本当に便利な世の中になったなと思う。
パッキン1200円。
検索しているときに中古品(未使用)が3000円で売られていることも分かって
複雑な気持ち。

今は新古品も流通してて簡単に手に入る可能性も。
母と同じように宣伝医のせられて買ったはいいけれど、、
なんて人もいるんでしょうね(^_^;)

交換部品て一つひとつが高いし、送料もかかったりするので、いくつか
全部取り替えたり、何度も取り替えると
新品がいくつ買えるねん?と思うけど
だからと言って簡単に捨てたり取り替えたりもね。
この鍋のために捨てられた古い圧力鍋は父が買った40年物だったんだよね。
http://merienda07.blog95.fc2.com/blog-entry-2517.html
道具って使い込んでこそ愛着が増すものと思うけれど
昨日の進化を考えるとそればかりに固執するわけにもいかない。
もちろんパッキンくらいでそんなに深刻に悩むことはないけれど、、、(^_^;)

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment