in 断捨離

捨てられない理由

-0 COMMENT
1月19日
大阪に帰る予定だったので何も予定が入ってない。
ということで久しぶりに断捨離。

クッションも捨てることにしたけれど
タイで買ったクッションカバーを外すと
懐かしい30年程前つまり子育て真っ最中時代の
手作り品のカバーが出てきた。
クッションカバー4
ひなげしの花びらを縫い付け、
茎とつぼみは下絵も描かずにがミシンでステッチを踏んだ。

クッションカバー5
花弁は実は着物のピンクの胴裏をさらに染料で染めて濃淡をつけるという
我ながら凝った手法。
でも厚地のクッション生地と薄いシルクがなじんでなくてほつれたり、取れてしまったり(^_^.)

まあ年子3人も抱えて忙しい時期によく作ったなあと
そのころの若くて元気な自分が懐かしいわけで、、、。

捨てられなくて中袋にしていたもの。
執念深いから断捨離も進まないはず(^_^.)

それにしても今回捨てることにしたのは
タイかベトナムで買ったものだけど

クッションカバー

デザインがいいのに材質と縫製が悪くて1年ほどしか持たなかったと思う。
一方は下手とはいえ愛着を持って30年持ちこたえたというのに。
手の込んだ手作り品が好きで以前もタイで古裂のパッチワークのクッションカバーを買ったけど
それもやはり縫製が悪くてだめになった。
そちらはもっと生地自体が凝っていて(写真に撮っておかなくて残念!)
今でも忘れられないほど好きだったけれどやはり実用的ではなかった。

昔の日本の安かろう・悪かろうみたいで
目覚ましい発展をするアジアの国々が日本の轍を踏むのはもったいないこと。
素晴らしい技術を生かす製品を作ってほしい。

ということで今回は写真も撮ったしすべて捨てます。
やったあ!!

そしてスターウオーズⅣも見た。
ハリソンフォードが若くてびっくり。
さすがスターウオーズの原点。
単純明快で随分楽しい映画だった。

それにしても作品のレビューをネットで見ると
濃いファンが多いのにビックリ。
私が手作りの品を使い込みながら愛着を持つように
何年も好きな作品に思いを紡いでいるって気がして
ひょっとして同じ気持ちなのかも。


関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment