in つれづれ

長野の知人宅に

-0 COMMENT
9月5日
今夜の宿は湯田中。
それで無事山を下り、時間もあったので
長野在住の古くの知人宅を訪問。
連絡すると
たまたまご主人も在宅で歓迎してくださった。

何しろ長男が生まれたばかりで引っ越した
官舎でご一緒だった方。
女性陣は二人とも20代の若妻だったんだよなんてめちゃくちゃなつかしんだ。
お二人とも全然変わっていなくて
ご主人は今も東京で働きながら週末は長野。
新幹線ができて最大限その恩恵に浴しているって感じ。
絵の趣味に週末の農作業。
友人はパラグァイのハープ「アレパ」の奏者として
発表会やコンサートやと大忙し。
他にマンドリンも。
音痴の私はひたすら感心するのみ。
絵だの音楽だのと文化レベルの高いご夫婦でした。

二組とも3人の子持ちになって子育て時代をすごし、
いつの間にかお互いまた、二人の生活に
でもその時間と空間を超えて楽しい再会になった。
これからはもう少し頻繁に会うことを約束して湯田中に。

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment