岩木山に

8月10日
8時半開店の弘前駅トレンタくんでレンタカーに。
今日ははっきり言って登山というよりドライブです。

八幡平でさえ3時間越えのトレッキングをしたのに今日は
8合目までは岩木スカイラインを
さらにリフトにも乗って9合目まで。
岩木山5
この長いリフトを見ると、乗ろうと決断するのに時間はかからなかった二人(-_-)

そのあと山頂までは30分ということでしたが
今日も筋肉痛の足を引きずる身にはしっかり1時間かかりました。

岩木山2
鳥の海噴火口は結構きり立っていて火山の厳しさがひしひし。
山頂はまだまだ先のよう。

岩木山3
30分じゃ行けないでしょうという急坂の連続

岩木山4
山頂は1625m。
ガスが晴れたり又かかったりの状態。

岩木山
スカイラインの駐車場に戻ったところで
岩木山山頂が見えました。

噴火口と山頂というハイライトだけいただきの
横着な山行でした。

そのあとスカイラインを下りてナビには竜飛岬を入れました。(12時7分)
午後は津軽半島に。

学生時代に恐山のある下北半島には行きましたが
竜飛岬に行ってなかったので
今回時間があればと思っていました。

走行距離は竜飛岬までほぼ100km。
所用時間は二時間半でした。

鰺ヶ沢川を経由して十三湖から日本海岸沿いに。
津軽半島6
何となく名前や位置から行ってみたいと思っていた。
想像以上に大きな潟湖だった。

津軽半島
十三湖といえばシジミでしょう。
頂きましたシジミ汁。

そしてひたすら北に。
とうとう着いた竜飛岬灯台
津軽半島2

向かいには北海道。
でも近いのは函館ではなくもう少し西側の待つ前に近い方ですね。

津軽半島3

でもこの海の下にトンネルを掘って
列車を通そうと考えるなんて人間てすごいなあと思います。

ここには日本で唯一といわれる階段状の国道があります。

津軽半島4
国道393号が行き止まりになったところで下の道と
階段でつないでそこからまた393号の道路です。

津軽半島5
それにしてもユニークな発想。
このあたり一帯はたくさんおアジサイが植えられていて
海の色に映えて美しい景観です。

楽しみにしていた本州最北端の海鮮丼orうに丼orホタテ丼は
すでに昼食時間を過ぎていて食べられませんでした(-_-)

高倉健さんが亡くなったあと
追悼番組で映画『海峡』を見ましたが、
あの青函トンネルを
今や北海道新幹線が通ることに。

 平成27年度末(2015年度末)に予定される
北海道新幹線(新青森・新函館北斗間)の開業に向けて
東北新幹線の恩恵を直接受けないこの地域の方がたは新幹線の本州最終駅になる予定の
奥津軽いまべつを中心に北海道新幹線歓迎ムードが高まっているようでした。
地の果てと思われた最果ての地に
東京から新幹線で直接降り立つことができるなんて
不思議です。

帰りは国道339号から280号線を通って新青森に。
予定していた時間より早く着いたので
指定席券を切り替えて17時22分のハヤブサ30号で帰路に。
駅弁で津軽の幸をいただきながら、、、。
津軽半島9 津軽半島10
にんにくのコロッケとホタテがまうrまる1個入ったコロッケ
そして夫が買ったアワビの弁当
青森駅弁 青森駅弁2
わたしの買った五能線弁当。

弁当もてんこ盛りだけど
山と観光てんこ盛りの3泊4日でした。
今度来るときは東北時間でゆっくりしたいものです。




関連記事



Comment

非公開コメント

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ