in つれづれ

文庫本用のめがね

-0 COMMENT

いつのころからか寝床で本が読めなくなっていた。
もちろん不眠症の反対の
すぐ、いつでも、どこでも寝れるが特技なので
横になったらすぐ寝てしまうわけだけれど
それにしても
今にして思えば読みづらかったのも大きな要因。

ミシンや縫い物の針が通らないことにイライラしたり、
小さな字の説明書が読めなかったりで
思い切って
さらに強度のめがねをあつらえた。

それがまさに正解。

本を読むのに苦労しなくて良くなって
読書が楽しくなった。
パソコンの距離になると使えないし、
そのまま立ち上がって歩こうとすると
不安定で危ないほど強いので
今までのめがねももちろん必要。
出かけるときは
サングラスも加えると3つのめがねが必要で
しかも普段の行動には必要ないのでこの上なく面倒ではあるが
電車のなかでの読書も平気になった。

字の大きさが大きく見えるだけでなく、
細字の字体が太字に見える。
私的にはちょっとした革命だった。
それで最近はこのブログも
太字で書くようにしている。
ささやかなサービス精神(~_~;)
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment