in つれづれ

高尾山の火渡り

-0 COMMENT
3月の第二日曜日には毎年高尾山の火渡り。
高尾山にはよく行くけれど見たことはなくて今回初めて。

朝、雨模様だったけど、
午後には予報通り雨は止んでうすら寒い曇り。

高尾山薬王院のホームページによると
「当山では、毎年三月第二日曜日に高尾山麓祈祷殿広場にて、
高尾山に春を招く恒例行事として、高尾山修験道による
火渡り祭が盛大に執り行われます。

火渡り祭とは、高尾山の山伏と、全国各地の霊山で
修行を重ねた山伏が、一心に諸願成就の祈りを捧げる、
関東屈指の大祈祷法要であります。」

ということで1時過ぎに高尾山の祈祷殿広場に。

すでにすごい人だかり。
3.8高尾山火渡り3


剣を振りかざしたり、矢を放ったり、
儀式にのっとった祈祷が約1時間。
点火は2時頃でした。

もうもうと立ち上る煙。
3.8高尾山火渡り2

そして勢いよく燃え盛る炎。

3.8高尾山火渡り4

その炎が下火になった2時半ごろいよいよ火渡りの開始です。
修験僧の方々が次々と歩かれます。
3.8高尾山火渡り


周りでまだ小さな炎が見えますので熱いはずですが、

残念ながら人込みの後ろからでその熱の度合いは、、、?

このお祭りの人気は一般の人もこの火渡りを体験できること。

もっともそのためには長~い行列を並ばなければいけません。

これも修行と思えばたやすいこと。

儀式前から並んでいる方もおられるので

その最後尾に。

4時近くになってようやく渡れました。



すでに鎮火しているからか、

多くの人が渡ったからか、

最初から安全な道を用意くださったのか

そこはわからないのですが

裸足で歩いても

全然熱くはなかったです



これで今年1年家内安全・無病息災。

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment