in つれづれ

多摩大学リレー講座

-0 COMMENT
最終回の講師は学長の寺島実朗さん。
「2015年の展望―世界と日本の新局面」
また、新年度の資料集を下さってそれに基づいての講義。
数字やページがすべて頭に入っておられるのがすごい。
今の円安が食料とエネルギーのほとんどを輸入に頼っている
日本では
例えば2割円安になれば2割日本円で多く払うようになる。
例えば合計30兆円輸入していれば6兆円も多く。
その分多少円安で外国人観光客が増えたところで
格安パック旅行客では外貨を稼ぐまでには至らない。
株高の恩恵を受けるのも株を売買している10%程度の人だけ。
それも日本人はほとんど売り抜けているだけで買ってはいない。
アベノミクスの景気の恩恵を実感できる人などほとんどいないし
逆にさらに追い詰められる人が増える、、、??
外貨依存尾株高幻想に惑わされないで
真の成長戦略が必要。
主婦感覚で言えばドイツのメルケル首相のように断固とした
節約戦略こそ必要と思うけれど。
お金をいくらばらまいてもそれを成長に転嫁する体力のない日本経済は
縮小して体力に見合った規模にした方がいいと思うけれど。
自分お金じゃない金をばらまいてその後始末は
自分の生きている時代にできもしない人たちが
無責任すぎるって思うけど。
我慢や辛抱はその先に希望があればこそ。
全く不安な2015の展望だよとこれは
寺島先生じゃなく私の個人の感想だけれど、、、。
とにかく若い世代が希望が持てる未来にしてほしい。
他力本願だけど、、、。

午前中はお茶のおけいこ。
午後のリレー講座の合間を縫って
明日のお料理会の買い物をし、
夜は準備をしてと
久しぶりに胃が痛くなる忙しさだった。






関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment