文庫本の処分

昨日最終の資源ごみの日。
ようやく処分した文庫本や新書。
文庫本処分
漱石の「こころ」や藤村の「破戒」も含まれていた。
子供や今となっては孫が読むかもなんて、、。
だけどそんなことはなくて
自分が読むには字が小さすぎるし
経年の色変わりや古っぽさも。
それなのになぜか愛着があって手離せない。
できればもう一度読もうなんて、、
本当は候補はもっとあったけれど10冊ほどはまた元の書棚に。
それでも少しは片付いた。
辞書もかなりのスペースを占めるけれど
老眼になったからは辞書が苦手。
眼鏡をかけてもさらにルーペが必要って感じで、、、(^_^;)
今はほとんどPCで済ませてしまう。
ってことでほとんど使わないわけだけれど
これもまたなかなか処分できない。
そこに知性が固まっている感じで
置いているだけで安心。
もち論わたしの頭脳には何の刺激もないわけで、、、。
今年も断捨離不発。

午後美容院に。
パーマを当てたけど
夜帰ってきた夫は一言もなし。
別に期待していたわけじゃないけど
二人暮らしなんだから気づけよって思う。
気付いていても何にも言わないってこともあるよね。
めんどくさい。いちいちそんなこと。
だからって向きになって催促するのも
メンドクサイ(-_-)
関連記事



Comment

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
フリーエリア




ブログランキングならblogram

ご訪問ありがとうございます。
更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。
プロフィール

merienda

Author:merienda
創造力と想像力で楽しむ暮らし。
現在山に夢中。お花大好き。
月1回の男の料理会。東京在住。
姑(95歳)を呼び寄せて近くの施設に。
母(91歳)は元気で関西にて一人暮らし。
老老介護の現実に向き合う日々。

最近の記事
リンク
カテゴリー
FC2カウンター
最近のコメント
月別アーカイブ
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ