in 自然・庭・花・野菜など

最後の収穫 青いトマト

-0 COMMENT
急激に冷えた日が続き
しぶとく植えたままにしていたミニトマト・長唐・なすを抜いた。
葉が霜でやけて縮れてきたので仕方がない。
12.9最後の収穫
まだ随分実をつけていた。
青いトマトをどうにかして使えないかと思って
口に入れてみたらまずいというより苦かった。
調べたらトマチンという毒素だった。
未熟なトマトは虫に食べられないように
ジャガイモの芽のソラニン同様
毒素を持っているらしい。
アルカロイド系というからトリカブトとも同じらしい。
もっとも虫たちは
その毒素の解毒作用を持っていて毒性があっても食べるらしいので
自然界の仕組みの不思議さ尽きることがない。

ネットでは漬物やサラダやピクルスなど料理法もたくさん。
塩漬けならいいかと思って麹漬けにしたけど
夫はやっぱり苦いと言ったので私は食べなかった(^_^;)

加熱すれば毒素がなくなるのかいまいち確認できなかったが
実が熟せばその含有量は一気に下がるというから自然って本当にすごい。
しかもその毒性のあるトマチンが
トマチンについての最近の研究では、毒性よりも抗腫瘍活性、LDLコレステロール低下、筋力の向上や筋萎縮の予防などのいろいろ役に立つようで、まだまだ研究が進められているようです。(太陽とトマト畑
しばらく青いトマトと向き合ってみよう。




関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment