in つれづれ

介護の合間に

-0 COMMENT
8月29日
次男たちは朝姑を見舞い
そのあとレンタカーを借りて観光に。

姑の入院先は完全看護。
だから常についている必要は全くないけれど
一応私は
朝食の8時前から10時ごろまで。
洗濯物を持ち帰り、洗濯と掃除をして
昼食の12時前に行き
大体1時過ぎまで。
そして4時ごろから夕食の6時を挟んで7時ごろまで。
最初は8時から6時過ぎまでいたけど別に食事時以外はすることもない。
時に朝から昼までいることもあったけど
病院以外の時間はゆるゆる時間。
以前の入院時はあちこち片づけもしたけれど
喜ぶどころか、無くなったものはないかと確認されたり、
物が周りに並べて眺めているのが私の幸せと言われるに及んで、
一切掃除は丸く掃くだけに。
これは断捨離のやましたひでこさんも言われているが
自分のもの以外の片付けは
よほどの了解がないと好意では理解されないと思い知った。

それで手持ちで持って行った本が4冊全部読めた。
江國香織さんの
「神様のボート」
「きらきらひかる」
和田竜の
「村上海賊の娘」上・下巻
読書がはかどるのは楽しかった。
一度読んで姑に送っていた宮部みゆさんの「弧宿の宿」も読み始めた。
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment