in つれづれ

ご迷惑

-0 COMMENT
8月24日
昨夜姑は眠れないと訴え、睡眠薬を処方されたらしい。おかげさまでよく寝たのか途中寝相のせいでか装置している尿道がはずれオネショ状態。
随分回復して少なくなったけれど、点滴、心電図?などまだまだスパゲッティ症候群。気を抜いてゆっくり眠れないのも当たり前。上品なのに、、、。本性がでて暴れたのかのう、はずかしいようと言う言葉に余裕もでてきた。
ところが午後食事に帰宅している間に、突然の来客があり、ドアフォンがなった。
マンションの玄関口に立つ人影が画像で写ったので、あわてて解錠するつもりで押したボタンがなんと非常ベルだった。
ベルは日曜日の午後のマンション全体に容赦なく、けたたましく鳴り響く。その止め方もわからなくて呆然。あいにく日曜日で常駐の管理人さんもお休み。お隣のかたに伺うと自治会の役員の方が対応してくれるまでまつしかないそう。
わたしにはかなりの身のすくむ時間のあとで高齢の姑に何かあったものと3人が駆けつけてくださってすぐベルも止めて下さった。
メガネもせず使い方もしらないドアフォンのボタンを適当に押してしまい大迷惑を引き起こし本当に穴があれば入りたかった。
可哀想に姑は留守宅でもそそっかしい嫁によって面目をうしなってしまった〓
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment