in 旅行・登山・ドライブ・日帰り

九重“夢”大吊橋~日田 豆田町

-0 COMMENT
6月16日
ホテルを8時半に出発。
まず、天空の散歩道といわれる九重夢大吊橋に。
長さ390m、高さ173mとともに日本一を誇る大吊橋。
6.16九重大橋2
滝が3つ見える雄大な近景にさらに昨日登った九重の連山も。(中央の滝は現在水量不足で見えない)

九重吊橋3
硫黄岳と三俣の間に久住山

九重吊橋4
韓国や中国の方も多いみたいでした。

九重吊橋
橋の中央はネットになっていて173m下がそのまま見えます!!

6.16九重大橋
反対側からです。往復の散歩を楽しむ、まさに観光用の橋でした。(500円)
その後日田市の豆田町に。

豆田町(まめだまち)
豆田町は、大分県日田市市街地北部の花月川沿いにある地区。江戸時代以降に建てられた建築群が現存し、国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。本項ではかつて同地域に所在した同名の自治体についても述べる。 ウィキペディア


6.16日田市
ゆかしい街並みに長居したくなるお店が並ぶ

6.16日田市2
家並に沿って流れる疎水が庭に引き込まれているのって素敵
6.16日田市4
由緒ある薬屋さん岩尾薬舗。日本丸(にほんがん)という薬は全国に販路を持っていたそう。
日本丸館:大分県では最も古い薬屋、木造四層三階建。 主屋の二階大広間には、三月は雛人形、五月は武者人形、秋は商家の金婚式の祝いの数々を飾り、その他薬の色々な資料、岩尾家の家財道具で全館いっぱいです。 展望楼で一休みして眺める日田盆地の景観と豆田の町並みは素晴らしいの一言です。
昼食は三隈川沿い春光園で天然鮎料理。三隈川は鵜飼いで有名。

6.16日田市5 6.16日田春光園 6.16日田春光園2
 
日田にはサッポロビール工場があるそうで筑後川流域限定ビールです。
お二人は車のためノンアルコールですが、、、
塩焼き・背越しの刺身・うるか(塩辛)・子持ち鮎の姿煮と2500円で鮎が堪能できます。
背越しは鮎が若くて骨の柔らかい時期だけ食べられる骨ごとぶつ切りのお作りです。

そのあと私は福岡空港から帰京
夫は仕事先に。
2泊3日でしたが充実した旅行になりました。


そういえばすっかり忘れていましたが
本日は旦那様の誕生日でした
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment