in つれづれ

マレーシア航空機いずこ?

-0 COMMENT

3月22日
八重咲パンジー

最近のガーデンブログはクスマスローズ記事が目白押し。
わが家でも八重咲のクリロ(というらしい)が素敵と紹介したけれど
パンジーの八重咲もなかなか。
あまり八重咲は好きでは無かったけれど
最近は八重も可愛いなと思うものも多い。
八重咲パンジー2
でもやはりその派手さは際立つので一鉢植えで育てるのがいいみたい。
八重咲パンジー3


晴天の3連休中日。
私は365連休でもあるけれど(^_^;)
夫は実家の姑介護に帰省中。

庭仕事でもするかと予定していたら
NPOから今日の講演会のお手伝い依頼。
サボろうかと思っていたけどすぐさま調子よく了解のメール。
そのあと何と人が足りたのでゆっくりどうぞとのこと。
行くと言ってしまったのでサボるわけにもいかず、、。

講師は津上俊哉さん。
タイトルは「中国台頭の終焉ー東アジアと日本の未来」
中国の勢いはすでに衰えつつあり、畏れるには足らないという段階にある。
だけど日本も危機的状況が深刻なので
双方の関係が改善されるかどうかは今後10年たってみないと何とも言えないというような
はぐらかされた結論。
でもなまじっかな結論よりも正直でいいかも。

身近な韓国や中国の問題が日本人としてなんとも
気分の悪い展開が多くて
マスコミもすでに
それよりもとばかりクリミヤがらみの米欧とロシアの冷戦再燃に比重をかけている。
政治は流行では無いけれどその取扱い量でうやむやになったり
関心が薄れることは気掛かり。

ところでマレーシア航空機の行方のその後も大いに気になっているのだけれど、、。
先日のマチュピチュ行のロサンジェルス往復はかのマレーシア航空機だったのだ。
それだけのご縁で他人事とは思えない関心。
それにしても不思議で謎の多い事件。
だけどマスコミがうんともすんとも取り扱わない日もある。
どこで線引きされているんでしょうねえ??



関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment