in つれづれ

青息吐息の申告の最悪な結末

-0 COMMENT

3月17日
とうとう青色申告の締切日。
何とか仕上げたけれど全然自信ない。
とにかく早めにのつもりで税務署に。
(それならもっと早くすりゃあいいのにって私だってそう思う)

大体事務だの会計だのって大の苦手。
大事な書類も必ず1枚か2枚は失敗するので予備が絶対必要。

それなのに青色申告とは??
可愛い二男が起業してとにもかくにも5年目。
相変わらず所得税は余裕でゼロの赤字経営なので
とてもプロを雇うなんて、、、。
それでコツコツなんとかかんとか
パソコンのソフト頼りに引き受けているわけで。
まあ好きなことで誰もやっていなかった分野で
つくづくよくやっていると思うので言葉以外にもできる協力は惜しまないつもりではいるけれど。
やっぱり几帳面の反対の性格なので記帳はいつまでたってもおぼつかない。
ひとえに相談員が頼り。
長い行列だって全然いとわない。
そしてなんとかクリアー。
予想された結果だから赤字でもここまでは想定内の結末。

ほっとしてついでにわが家の医療費控除もなんて
ぐうだらな私が二つ目の仕事をこなそうとしたのが大間違い。

所轄の税務署が違うのでまた、午後に出なおして
申告してみたら、10万円引くとわずかではあるけれど
それでも控除を申告しているので還付されるはずと思いきや
追加徴収ということに。

こんな不思議なことってあるかしらと思ったけれど
別居の姑の扶養控除が同居になっていたんじゃない?
復興税が徴収されてなかったんじゃないなどと
夫の源泉徴収票に間違いがあるとの一点張り。

まさかの展開に今やなんか古いけどじぇじぇじぇ!!だよ。
しかも今日か明日までに払い込むようにとのこと。

何と納税期限は申告の最終日と同日だった。

返却してもらうつもりで払う準備などしてない。
がっかりして帰る道すがら
さらに追い打ちをかける事件が。

路線変更ミスで監視中のお巡りさんに違反切符。
まさかの6000円の追徴!!
しかもゴールドカードもお召し上げ。

こんなひどい日ってあるかしら??
立ち直れないかもとしょげて帰って
もちろんご飯食べて、テレビ見て、さっさと寝た。
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment