in 介護

母娘水入らず

-0 COMMENT

3.10富士山
夕方5時10分ごろ通過。
まだくっきりと富士山が見えて、日が長くなったことに驚いた。

3月10日
母が作ってくれた朝食をいただきながら3人でおしゃべり。
ひさしぶりのみずいらずのひととき。

その後は妹は友人たちとの会食に。
私は母の要望の換気扇の掃除と
ガスコンロのホースの交換。

こんな小さな仕事もいちいち業者に頼まなくてはいけないので
私が帰った時にできることは片づける。
ガス屋さんがどこにあるのと聞くとその説明が
随分曖昧で地図の説明の道路や目印の市役所や郵便局、パン屋さんの位置が混乱しているので
ぼけてしまったのかと大いにビビった。

でも本人は方向音痴と説明が下手なだけと澄ましている。
結局二人でいっしょに買い物に行くことにしてかなりの距離を歩いた。
風花が舞って随分寒かった。

母の説明の場所ではなかったけれど
ガス器具やさんが見つかって一安心。
母の言う店が本当にあったかどうかはわからない。
何しろ通りに面した店は次々と変わって通りの様子の様変わりが激しい。
ホースさえ買えれば
まあどちらでもいいことだし。

帰りに込んでいたけれど市役所近くでランチ。
とんかつ定食を食べた。
一人だと揚げ物などしないのでたまにはいいかなと。

「もう帰るの?」といういつものせりふを聞きながら
3時近くに実家を出て
家に帰りついたのは午後7時半過ぎ。
近いような遠いような、、。
これからも遠距離老老介護は続く、、、。

まあ実際には食事もお風呂もできるうちは私がと
まだまだ母が家事を取り仕切っていて
大きな大人の娘たちはその恩恵に浴していて介護なんてものじゃない。
今じゃ老いに関しては同じスタートにラインに並んでいるともいえるかも(^_^;)

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment