in 登山

丹沢 大室山に

-0 COMMENT
先日丹沢の塔ノ岳に登った時、
丹沢山・蛭が岳・大洞丸・大山そして塔ノ岳に登ったら
あとは丹沢では大室山だねと言われた。
道志の湯から行けるよと教えられたので
早速登ることに。
大体山を知らないのでどこへ行けばいいと教えていただくと
3合目まで登ったと同じくらい助かる。
百名山もハンターになろうと思ったわけでなく
とにかく次なる山の目標があって登れるシステムができ
何時しかハンターになるというのが私の場合のような気がする。
しかも言ってみれば確かにさすがに素晴らしい山たちばかり。

ということで今日は丹沢の大室山に。
昨日の時点では天気は回復に向かい午前中は晴れということだったのに
いまいち晴れては来ない。
まあ雨さえ降ってなければいいということで。
6時に家を出て
7時半に道志道の道志の湯の先の駐車場に。
登山道入り口はその上すぐに。
駐車場下100m位公園の前にきれいなトイレもある。
11.9大室山登山道入口
7時36分。加入道山山頂まで約2時間、大室山山頂まで約3時間とのこと。
この約が問題だな(^_^;)
紅葉を敷き詰めた歩きやすい山道を30分行くと東屋に。

11.9大室山2

途中鹿止めの柵を二度くぐる。
最近の近場の山はネットといい鹿対策に随分コストがかかって大変だなと思う。
さらにこの道志は横浜市の水源になっていて
針葉樹の人工林を
水の貯水能力が高い広葉樹林に戻すため
横浜市民が広葉樹を植える活動しているらしい。
森を元の自然な姿に戻すというのも人間の知恵の限界を教えられているようで切ない。

11.9大室山山道
山道は細くなっても歩きやすい道が続くけれど、時々足場が不安定な個所も(9時12分)
細いロープに沿って慎重に歩きさえすれば大丈夫。

11.9大室山3
白石峠と加入道山との分岐9時17分。どちらにも300m。

11.9大室山4
9時28分加入道山山頂(1418・4m)。1時間50分で。
加入道山避難小屋
やや登山口の約2時間より早めかと思いきや
ここの看板には約1時間40分と書いてある(^_^;)
後ろに見えるのが避難小屋。
ここはテーブルもあってやや広いので15分休憩して
いつもの朝焼きあがったフランスパンのサンドイッチ。
このあたりからガスがひどくて遠望は利かなくなるけれど道が見えないというほどではない。
でも山歩きの楽しさは半減。
9時45分出発
11.9大室山11
10時9分加入道山と大室山中間地点の破風口に。

11.9大室山
ここから階段や急登と思われる道が増えるけれど
写真で撮ると別に(?)なんだよね~。

犬越路合流
10時52分西丹沢犬越路ルートからの合流地点。ここにもテーブルがあり広くて休憩好適地ですが
何しろあともう5分ほどで山頂です。

11.9大室山9
10時57分山頂。もともと眺望はないそうですがガスがかかっていて人もいず寂しい山頂でした。

久保橋ルート

久保橋ルートの下山コースを何度か考えてみましたが駐車場とは6㎞の距離がありバス便もないのであきらめました。

休憩時間を除くとまさに約3時間でした。
数組の方と出会いましたが紅葉シーズンの土曜日にすればもう少し人出があるものと思っていました。
予想以上の静かな山歩きでした。
前大室

帰りは加入道山まで一気に。スタートは11時。
途中行に見逃した前大室に気づきました。
見逃したと言えば富士山はまるっきり今回は見えませんでしたので
どこから見えるかのチェックもできませんでした。

加入道山には12時10分に。
ここで昨日焼いたタルトタタンのデラックスなコーヒータイム。
何がデラックスって3個の紅玉でいいところを倍量の6個使って焼いたということなんですが、、(^_^;)
さすがに夫ももう少しパイ生地がある方がいいとのご感想。
(同感!多けりゃいいてものじゃない)
20分休憩で12時30分出発。

ガスは山頂だけで中腹あたりに来ると紅葉が楽しめます。
11.9大室山12
散ったばかりの紅葉を踏みしめて。

11.9大室山13
山頂付近はすでに裸木ですが下山途中のブナは美しい。

11.9大室山14
周りの山々の紅葉もきれい。

11.9大室山15 11.9大室山16
東屋の地点に13時36分。ここからは登山口まで約30分。
リンドウがありこちに咲いていました。
登山口到着は14時。下りには約2時間40分です。
一応時間的な目途がつくと
下りは写真を撮ったり、花や景色を眺めたりどうしても歩調がゆっくりになります。
帰りもさして渋滞がなく1時間半で帰れました。








 
関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment