in 料理・菓子・グルメ

富澤商店の煎黒大豆

-0 COMMENT
月に1,2度はパンの材料を仕込みに富沢商店。
この間は、強力粉とともに買った煎黒豆大豆を買って来ました。
煎り黒大豆3

袋に豆菓子と謳っている通りそのままカリポリと美味しく食べられます。
砂糖も塩も加えてないので淡白ですが、噛めば噛むほど豆本来の味わいが増して結構後引く美味しさです。
いまだにおやつ・間食大好きの甘党なので
毎日これというわけには行かないけれど
小腹がすいたときやたまのおやつに重宝します。

そしてこの煎り大豆は黒豆茶としても飲めます。
そのままを湯飲み茶わんに適当に入れてお湯をかけても、
急須に入れてお湯を注いでもしばらく待てば黒い色と香ばしい香りの黒豆茶が簡単に出来上がり。
私はひと手間かけて半カップ分をもう一度軽くフライパンで煎りました。
そこに2カップ分のお湯を注いで軽く煮出しました。
真っ黒なお茶です。

煎り黒大豆2

不気味なほど(?)黒いですがお味はまろやかな甘身と香ばしさでとってもおいしく飲みやすいです。
残った豆はそのまま食べられます。ふやけたようでいて噛むと堅さも残っていてこれもなかなかおいしいです。

だけど今日はお茶を飲んだ後の黒豆を2合のお米と塩小さじ1弱とともに炊きました。

煎り黒大豆

大豆の香ばしさとほんのり色のついたご飯がまたとっても美味。
大豆もほっこりと美味しく食べられます。
もちろんお茶にせずそのままの煎り大豆を入れて炊けばもっと濃い色のついた本格的な黒豆ごはんになります。
一袋130gで367円。オススメの商品です。

関連記事
  • Share

0 Comments

Leave a comment