FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

0

不動産て?

夫は出張の帰りに和歌山に。
昨年自転車を買ったのでそれで舅のお墓参りに行ったそう。

私は新しく受講した講座の初日。
さすがに大学教授だけに要領のいいレジメと
スクリーンを使っての講義はわかりやすいけれど
生涯学習となれば
大学の講義そのままのスタイルがいいのかなと疑問に。
受講生がいっせいに前を向いてただ聞いているだけで。
いまさら教室の授業のように勉強するだけが
目的なのかな。
先生や受講生のコミュニケーションがもう少し図れないものものかな。
同じテーマで集う人数を集めていてちょっともったいないなと思った。
かえりにNPOの事務所に寄ったら、
昨年売却されたばかりの建物が既に
他社に売却されるというニュース。
活動のよりどころだった建物が不動産化して
短期間にオーナーが変わることに驚いた。
街の様相が急激に変わりつつあることを懸念していたけど
建物や家はこんな風に音を立てるように
動いていると思い知らされた。
不動産は動産なんだ。

夜、夫が知らせてくれて
この間行ったばかりのパリの世界遺産番組を見る。
母にも電話したので、それぞれ思い出に浸りながら見たことになる。

そのまま続けて、テレビでまた、「フラガール」
つくづくよくできた映画だなとまた最後まで見てしまった。
そこにもまた時代の変化の大きな波が描かれていたけど、
「時代が変わると人間も変わらないといけないのか」と問いかけるシーンがあったが、
一度流れを持った変化は止められなくて、
好むと好まざるとそこにかかわる人間も変化を余儀なくされる。
フラガールはその変化に明るさを提供した画期的な企画だった。
唐突な炭鉱にハワイという当時のニュースが
奇異に思えたその不思議な感情がふとよみがえる。
常磐炭田という土地や名前といまよりずっと遠い夢と憧れの島だったハワイとがかけはなれていて。



関連記事

コメント

非公開コメント
My profile

Author : merienda

創造力と想像力で楽しむ暮らし。現在山に夢中。お花大好き。月1回の男の料理会。東京在住。姑(99歳)を呼び寄せて近くの施設に。母(95歳)も隣の市の老人ホームに入居。老老介護の現実に向き合う日々。

写真はカシニョール「おやつの時間」
メリエンダはスペイン語でおやつ(間食)のこと。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


にほんブログ村 にほんブログ村へ

ご訪問ありがとうございます。更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。

FC2カウンター

月別アーカイブ