FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

0

経皮毒ー稲津教久先生の講演会。

稲津教久先生の講演会。
多分そうじゃないかと思っていることが
実際ソウなんだとはっきり。
手にふれ、体に触れるだけで吸収されてしまう
化学物質が日用品に多用され、
そしてそれは経口毒よりも蓄積率が高く、排泄が難しいとのこと。
主婦湿疹など実際に経験している私自身思い当たることも多い。
ところが皮膚湿疹やかゆみなどという外見できる症状だけでなく、
内臓特に肝臓や腎臓の機能障害から子宮内膜症やアレルギーそして脳障害や、精神障害までそれらの影響が考えられるという。
性格が素直なのか馬鹿なのかすぐ信じてしまうが
著書についてネットで検索すると、
いたずらに恐怖心をあおる根拠のない情報というレビューが多くて
驚いた。
新谷弘美さんの著書「病気にならない生き方」を読んだときも衝撃を受け、
その説得力のある内容に感嘆したが、
あまりにエンザイムを強調されることと
具体的に食生活を改善するには
現在の状況では無理と思われることが多くてどこか不自然さや違和感を感じた。
最近新谷さん自身のサイトを見ると
なんと健康食品やグッズのサイトまがいになっていた。
やっぱりそうだったのかと全て情報は鵜呑みにはできない。
そこに指摘されている問題点や視点は全て無視や黙殺するものでもないと思うし、充分警告として心すべき点も多い。
思い当たるのは一世を風靡した「脳内革命」の著者。
脳内モルヒネのエンドルフィンやアドレナリンは
その後の健康維持に画期的な示唆を与えてくれた。
だけど、著者自身は営利に走って自滅した。
栄養もバランスだけど情報もバランス。
食品も選択眼だけど情報も選択眼。

経皮毒―皮膚から、あなたの体は冒されている! 経皮毒―皮膚から、あなたの体は冒されている!
竹内 久米司; 稲津 教久 (2005/02/01)
日東書院本社

この商品の詳細を見る
関連記事

コメント

非公開コメント
My profile

Author : merienda

創造力と想像力で楽しむ暮らし。現在山に夢中。お花大好き。月1回の男の料理会。東京在住。姑(99歳)を呼び寄せて近くの施設に。母(95歳)も隣の市の老人ホームに入居。老老介護の現実に向き合う日々。

写真はカシニョール「おやつの時間」
メリエンダはスペイン語でおやつ(間食)のこと。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


にほんブログ村 にほんブログ村へ

ご訪問ありがとうございます。更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。

FC2カウンター

月別アーカイブ