FC2ブログ

メリエンダのティータイム

お茶飲みながら気楽・気軽・気ままにつづる日々雑感

0

花豆

花豆をいただいた。
碁石のように堅くてつやつや。
よく見ると美しい色と柄。
花豆

その方からレシピのメイル。
http://oiwake.la.coocan.jp/hanamame.htm
素敵なサイトで
なるほどと
たまにはしっかりレシピどおりにやって見ようと昨日の朝浸けておいた。
私の場合は花豆2カップの量で。

1. 豆の量の二倍ほどのたっぷりの水につけて一昼夜。

花豆2
ほんに同じ豆とは思えぬほどの大きさに

2. 鍋にふくらんだ花豆の三倍の量の水を入れ、火は強火。ふっとうしたら中火に落してじっくり30分。
3. 30分中火で茄でたら、いったん茄で汁を全部捨てて水を新しくし、また同じようにゆっくりと煮る。(30分)。
4. その間、別鍋で蜜をつくる。蜜は砂糖200グラムを、カップ2杯の水にとかしてに煮立てる。
5. 十二分にふくらんでやわらかくなった花豆は、茄で汁を捨て、この蜜の方に入れ、一晩そのままにして、甘さをなじませる。
6. 翌日、これに火を入れる。火は弱火。
7. 甘みがしっかりしみたら、大さじ1~2のお醤油を隠し味に入れて煮上げる。

花豆3

お見事!!
ふっくら、優しく、あまい上出来の花豆が煮あがッた。

花豆にも、育てて作ってくださった方にも、下さった方にも
レシピを工夫してくださった方にもそれぞれにありがとうと
思う美味しさ。
もったいなくて食べたくないほどだけど、あと引く美味しさ。
たまには手間ひまかけてお豆を煮るのもいいもの。

ちなみにこのレシピは増田れい子さんが
軽井沢在住の知人の老婦人から教わったと紹介されているものの抜粋。
http://oiwake.la.coocan.jp/index.htm
そしてまた、このレシピを紹介されている軽井沢発のサイトがうつくして素敵。
なんだか芋づる式に増田れい子さん・暮らしの手帳・住井すゑさん・軽井沢・赤い花。

これから花豆を見るたび思い起すものがいっぱい。




関連記事

コメント

非公開コメント
My profile

Author : merienda

創造力と想像力で楽しむ暮らし。現在山に夢中。お花大好き。月1回の男の料理会。東京在住。姑(99歳)を呼び寄せて近くの施設に。母(95歳)も隣の市の老人ホームに入居。老老介護の現実に向き合う日々。

写真はカシニョール「おやつの時間」
メリエンダはスペイン語でおやつ(間食)のこと。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


にほんブログ村 にほんブログ村へ

ご訪問ありがとうございます。更新の励みのためランキングに参加中。 ワンクリックにて応援お願いいたします。

FC2カウンター

月別アーカイブ